医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

抜歯(歯を抜く事)後の注意事項

2019年08月19日

皆さんこんにちは。

市川ビルさとう歯科医院 事務長の青木です。

連日、猛暑が続いております。

夏バテや熱中症で搬送される方も多いと伺いました。

皆さんも水分補給や塩分補給、暑さ対策をしっかりと行って、十分にお気を付けください。

 

さて、本日は「抜歯後の注意事項」についてご説明いたします。

まず、抜歯とは字のごとく、歯を抜く事です。

市川ビルさとう歯科医院では抜歯をせずに、長くご自分の歯でお食事をしていただきたいと思います。

理由はご自身の歯で食事をされたほうがずっとおいしくご飯を召し上がることができるからです。

しかし残念ながら抜かざるを得ない時があります。そのような時は下記のことにご注意ください。

 

1.抜歯後10~15分ほどガーゼを咬んで圧迫止血をします。当院で異常な出血などがないか確認しながら行います。診療後にお渡しする痛み止めをお水で1錠すぐに飲んでおきますと麻酔が切れるころに痛み止めが体内で効いているので、麻酔が切れた後の痛みが少なくて済みます。まだ出血が気になるようでしたら差し上げたガーゼ、もしくはティッシュを再度咬んでください。一般的に翌日くらいまで唾液に血がうっすらと混じる程度の出血は続きますのであまり神経質にならなくても大丈夫です。また寝ている間によだれに混じった血が枕についてしまうことがあるようなので、当日だけでも要らないタオルなどを引いてお休みになってください。

2.麻酔は部位や個人差がありますが2~3時間程度は効いています。この間はなるべくお食事は避けてください。麻酔により感覚が鈍いため普通に食べているつもりでも火傷したり、ほっぺたや舌を咬んでしまうことがあります。どうしても食事しなければならないときは、火傷しないように冷まして、ゆっくりと食べるようにしてください。

3.血の味がして気持ち悪いかも知れませんが、2~3日は強いうがいは避けてください。抜歯後は抜いた穴に溜まった血が固まってカサブタのような役目をして治っていきますが、強いうがいをするとその水圧でカサブタが取れてしまい、再出血したり、あるいは取れたまま穴の中であごの骨が出てしまい痛みの原因となるからです。歯磨きもキズの周囲は2~3日避けてください。離れた部位は大丈夫ですがうがいはお気を付けください。

4.当日は湯船に浸かったり、お酒、運動はやめましょう。シャワー浴びる程度は大丈夫です。これは血圧の上昇による出血や痛みを避けるためです。

5.痛みや出血が止まらない場合、お薬を飲んだら異常があった場合は遠慮せず早めに医院にご連絡ください。

6.お薬は指示に従ってきちんとお飲みください。もし普段飲まれているお薬がある場合は必ずお知らせください。お薬によっては組み合わせが良くないものもあります。お薬手帳をお持ちの場合は提示していただけると安心です。なお薬による副作用があった場合は服用を中止しすぐに医院にご連絡ください。

7.お食事は麻酔が切れた後であれば普通にしていただいて結構です。ただあまり固いものや刺激の強いもの(辛い物など)はお避け下さい。お食事をしっかりとって体力をつけた方が傷の治りも早いです。抜いた穴にご飯粒などが入ることがありますが、無理やりとったりしないでください。傷口が余計に炎症を起こしてしまう可能性があります。

8.後日、消毒にお越し頂きます。異常なく正常治癒しているかを確認するためでもございますので、なるべくお越しください。傷口を縫っている場合の糸取りは必ずお越しください。

当院では抜歯は最終手段です。今ある歯を1本でも多く残せるように歯科医師はもちろん、衛生士、スタッフも全力でサポート致します。

ご不明点がございましたら当院スタッフまでお気軽にお声掛けください。

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:30-
午後:15:00~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る