医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

ラバーダムについて

2020年01月28日

皆さんこんにちは!保育士の神田です☺︎

今回は根管治療の際に当院でも使用している、ラバーダムというゴムのマスクについて説明します。

ラバーダムとは、歯にゴムのシートをかけて、唾液などの細菌の侵入を防ぐものです。

これにどんな意味があるのかというと

①細菌の侵入を防ぐ

根管治療の失敗の原因のすべては細菌が関与しています。治療中に髪の毛など触るとそこにいる細菌が根管内に移ります。また唾液は、気を付けていてもラバーダムがないと何かのタイミングで必ず根管内に入ります。ロールワッテと呼ばれるもので唾液の侵入を食い止めても、必ずもれはあります。

②より正確な根管治療を行える。

マイクロスコープという顕微鏡を使う際に視野が広くなります。特定の歯を見たい時、口角がマイクロの視線の先にあって邪魔になることが多々ありますがラバーダムで口角を引っ張ることで根管内をしっかり見ることができます。

③誤飲防止

歯科治療は細かい道具を多用しますので、誤って口腔内に落下させることが多いです。ラバーダムをかけることで誤飲は防ぐことが出来ます。

主にこのようなことからラバーダムは非常に有効だと考えられます。

保険適用でラバーダムを使用しての根管治療を行うことができますので何か気になることありましたらぜひ市川ビルさとう歯科医院にお越し下さい!

歯ブラシの正しい磨き方と意義について

2020年01月19日

皆さんこんにちは!歯科衛生士の嶋です。

今回は歯ブラシの意義とその磨き方についてお話ししていまきす。

 

皆さん、歯ブラシは何のためにやっていますか?歯

ブラシは単に食べ残しである食片をとるためだけで

なく、本来の目的は虫歯の元であるプラーク(細菌

の塊)を取り除くことです。歯ブラシで磨かないと

プラークはどんどん貯まっていき、歯ブラシでは取

ることのできない固い歯石というものが沈着しま

す。歯石自体からは悪い毒素を出すことはありませ

んが、歯石を住み家に細菌が繁殖し、悪い毒素を出

します。その毒素が歯茎を腫らせたり、虫歯・歯周

病の原因となるのでしっかりとプラークを落とすこ

とが大事になります。

 

現在歯医者で歯ブラシ指導を一対一で行うことがあ

りますが、なぜ行なっているかというと、人それぞ

れ虫歯の出来やすさ、歯の本数、歯並びが違います

ので個々に合った正しい歯ブラシ指導が必要になり

ます。そこで、歯ブラシの正しい磨き方をお話しし

ていきます!

 

 

①歯の表側

歯ブラシを歯に対して直角にあて、   横に小刻

みに動かします。

 

 

 

 

 

 

 

②奥歯の溝

前にかき出すようなイメージで小刻みに動かしま

す。

 

 

 

 

③奥歯の裏側

歯ブラシを斜めに45度に傾けると届きやすくな

ります。

 

 

 

 

④前歯の裏側

歯ブラシを縦に当てて、汚れをかき出すように磨

きます。

 

 

 

 

 

基本的な歯ブラシの当て方をご紹介させて頂きまし

たが、こういった様々な指導を定期的に受けて頂く

ことによってお口の中の環境をよい状態に保つこと

ができます。

当院では歯ブラシだけではなく、様々な補助用具を

取り扱っており、1人1人のお口の状況に合った歯

ブラシ指導を行っています。ぜひ、当院にお越しい

ただき、定期的に歯ブラシ指導を受けて、一緒にお

口の健康を守っていきましょう!

歯科訪問診療について

2020年01月15日

皆様あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します!

歯科助手の長岡です。

 

現在市川ビルさとう歯科医院では訪問診療を積極的に行っております。

今回はその『歯科の訪問診療』についてお話致します。

 

①歯科訪問診療とは?

歯科訪問診療は何らかの身体的、精神的理由で歯科診療所に通院できない方に対し、歯科医師、歯科衛生士等が自宅や介護施設、病院等に訪問し、歯科治療や専門的な口腔ケアを行う制度です。

 

②訪問診療の対象の方とは?

在宅等で療養を行っており、疾病、傷病のために『通院による歯科診療が困難な方』が対象です。

要介護の高齢者の方では、歯を診てもらいたくても体が不自由で通院できない方がたくさんいらっしゃいます。しかし、体に障害があったり、病気を持っている方ほど口腔ケアを行いにくく、治療が必要な状態になりやすいです。今は訪問歯科診療を受けて長年のお口の悩みを解消できた人も少なくありません。

 

③歯科訪問診療ではどのようなことを行うの?

歯科訪問診療では、

1.歯科診療

2.口腔ケア

3.口腔リハビリテーション

これらの事を主に行っております。

また、通院困難な方に多い訴えは、「食べられなくて困っている」というのものです。食べられなくなった原因は、入れ歯が壊れてしまったり歯が抜けてしまった、あるいは入れ歯が痛いなど様々あります。訪問歯科診療では、通院困難な方の訴えをくみとって、むし歯や歯周病などの治療や入れ歯の作製・修理、口腔ケアなどに対応しています。

さらに、誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復など、口腔機能のリハビリテーションも行います。治療の方法は利用者の体力に合わせて無理のないように進めていきます。費用は医療保険や介護保険が適用されます。

 

④歯科訪問診療のメリットとは?

歯科医師が自宅や施設等に来てくれるというメリットは、患者様が通院しなくてもいいということだけではありません。たとえば入れ歯を作った場合、歯科医師が直接利用者の食生活の場面などを見ることで、よりきめ細かく調整することができます。また、口腔ケアの方法を指導する場合は、通院困難な方の身体の状態はもちろん、介護者がどれだけ関われるかが大切なポイントです。訪問歯科診療ならば、通院困難な方の生活や介護の状況も理解しやすいので、より適切な口腔ケアを提案することが可能になります。

 

⑤どうやって依頼したらいいの?

1.かかりつけの歯医者に相談する

2.地元の歯科医師会の事務局に相談する

3.お住まいの都道府県の歯科医師会に相談する

4.ケアマネージャーや訪問看護師に相談する

5.病院の担当看護師や地域医療連携室のスタッフに相談する

6.施設のケアマネージャーに相談する

などが挙げられます。

色々な方法がありますので、一番身近な方法でご相談ください!

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る