医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

歯磨剤の選び方について

2022年07月4日

こんにちは、今年から入社しました保育士の盛松です!よろしくお願いします🙇‍♀️

最近は厳しい暑さが続いておりますが皆さんいかがお過ごしでしょうか?🎐

今回は歯磨剤の選び方についてご紹介します!
歯磨剤とは何かというと歯磨き粉のことをいいます!
みなさん自分に合った歯磨き粉を選んでいますか?
ぜひここで歯磨き粉の選び方を知りセルフケアをしていきましょう!

①虫歯になりやすい方・虫歯予防したい方
虫歯が気になる方はフッ素入りの歯磨き粉を選びましょう!フッ素入りといっても歯磨き粉の種類によって濃度が異なるため、フッ素濃度が高いものを選ぶ事が大切です!
当院でも高濃度フッ素配合の歯磨き粉を販売しておりますのでご紹介いたします!

大人のトータルケア 



メルサージュヒスケア


②歯周病が気になる方・歯周病予防したい方
歯周病とはお口の中で歯周病菌が増殖し歯を支えている骨を溶かしてしまう病気です。お口の中の歯周病菌を減らすために殺菌効果の高い歯磨き粉を選びましょう!ここで殺菌効果のある成分を一部ご紹介いたします!
1. イソプロピルメチルフェノール(IPMP) 
2. 塩化セチルビリジニウム(CPC)
当院でも上記の成分が含まれた歯磨き粉や歯周病に特化した歯磨き粉を販売しておりますのでご紹介いたします!
1.大人のトータルケア



2.バトラーリキッドジェル



③歯の着色が気になる方
お茶やコーヒー、タバコ等で歯の色味が気になる方は、成分にポリエチレングリコール(PEG)、ポリリン酸ナトリウムが配合されている歯磨き粉を選びましょう!これらの成分は歯に沈着した着色を浮かして取れやすくしてくれる効果があります!当院ではPEGが含まれた歯磨き粉やその他にも着色に特化した歯磨き粉を販売しておりますので一部ご紹介いたします!
1.B +




2.ルシェロホワイト



④知覚過敏が気になる方
知覚過敏が気になる方は、硝酸カリウム、乳酸アルミニウムが配合されている歯磨き粉を選びましょう!
歯の表面のエナメル質と呼ばれる下には象牙質と呼ばれるものが隠れています。象牙質には小さな空洞がいくつもあり、歯ぎしりや食いしばり、歯周病などにより歯茎が下がってしまうとこの象牙質の小さな空洞を通って刺激が神経に伝わり知覚過敏という症状が起きます。硝酸カリウムには即効性があり、神経の過敏反応を抑えてくれることで症状を抑制していきます。
乳酸アルミニウムには象牙質の小さな空洞をブロックする効果があり、ブロックすることによって知覚過敏の症状を抑えてくれる効果があります。
当院では上記2種類の成分を配合した歯磨き粉を販売しておりますのでご紹介いたします!
1.メルサージュヒスケア



みなさんいかがでしたでしょうか?
毎日何気なく使っている歯磨き粉も目的によって使い分ければより良いセルフケアができます!
当院では歯磨き粉以外にもおすすめのものが沢山ありますのでお気軽にスタッフにご相談ください😌

個別相談へのご案内

診療時間
午前: 9:00~13:00-
午後:14:30~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る