医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

主な虫歯治療について

2021年11月29日

みなさん、こんにちは!歯科助手のイクタですっ⭐︎
今日は主な虫歯治療についてです!

むし歯菌が作り出した酸によって歯が溶かされる病気。正式な病名は「う蝕(うしょく)」。飲食物に含まれる糖分を栄養とするむし歯菌が作り出した酸によって歯が溶かされます。このような作用を脱灰と呼び、進行すると歯に穴が空いてむし歯になります。歯のいちばん外側にあるエナメル質が溶け始めた段階では痛みは弱いが、その内部にある象牙質や、神経や血管が通っている中心部の歯髄に達すると痛みを強く感じるようになります。初期のむし歯は、唾液の作用によるエナメル質の再石灰化によって自然に治ることもあるが、歯に穴が空いた場合は病巣部分を削り取って詰め物やかぶせ物をするといった治療が必要になります。糖分を摂取しすぎない、飲食後の歯磨き、定期的な歯科検診といった予防法が有効です。

「治療」初期むし歯の場合は、歯を削らずに口腔内を清潔に保ちつつ経過を観察します。定期的にフッ化物を塗布したり、フッ素入り歯磨き剤を使ったブラッシングで再石灰化を促すようにします。さらにむし歯が進んでいる場合は、病巣部分を削り取り、コンポジットレジン(セラミックの粒子を樹脂で固めたもの)や金属などで詰め物をします。金属アレルギーや見た目などの問題から、最近では金属を使用しない傾向(メタルフリー)が強くなっています。むし歯が神経にまで達している場合には、細菌に侵された神経を取り除き、歯の中を消毒して、神経があった部分に詰め物をします。その後、歯冠部分にかぶせ物(クラウン)を装着します。むし歯がさらに進んでいて、治療が困難と判断された場合には抜歯を行い、必要に応じてブリッジ、入れ歯、インプラントといった人工の歯を作って装着します。

歯の神経を除去してしまうと、歯がもろくなり、抜歯に近づきます。
そのため当院では可能な限り歯の神経を残す治療を行っています。
MTAセメントと呼ばれるものを利用します。

MTAセメントとは?

神経が露出しても、MTAセメントを用いることで神経を抜かずに済むことが非常に多くなっています。MTAセメントとは、むし歯治療などによって神経が露出した部分を封鎖するための特殊なお薬です。
虫歯が進行したところまでの組織を取り除き、MTAセメントによって蓋をすることにより、神経の生活反応を残したまま保存する方法です。もちろん、全てのケースに適応されるわけではありませんが、歯の神経を残すことができる可能性のある治療です。
歯科医は歯髄を出来る限り残したい
前述したとおり、生活歯(神経が生きている歯)と失活歯(神経が死んでしまった歯)では歯の寿命や耐久性、感染に対する抵抗力が大きく異なります。いつまでもおいしくご飯を召し上がるには、噛んだ時の感触、温度等やはり自分の歯が一番おいしく感じることができます。ですから、我々歯科医師としても出来る限り歯の神経を残せるようにしたいと考えております。
最近では、このことをご存知の患者様もおられ、MTAセメントによる治療を希望される方も少なくありません。しかし、MTAセメントは万能ではありません。MTAセメントによる治療が可能かどうかは、歯を削り、むし歯を取り除いてみないとわからないこともあります。
MTAセメントによる治療が可能な目安
MTAセメントが可能な目安としては、「自発痛」があるかどうかが一つのポイントとなってきます。自発痛とは、何もしていないときでもズキズキ痛むことです。自発痛が出始めると、虫歯が歯の神経を侵食している可能性が高くなり、MTAによる治療が困難となります。
MTAがあるからまだ大丈夫と思わずに、歯に違和感を感じたらいち早く歯科に通うこと、または定期検診に通ってむし歯が進行する前に治療をすることが、歯を守る上では最も有効な手段と言えます。

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~17:30-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る