医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

マウスピース矯正とワイヤー矯正の違い

2021年09月28日

皆さんこんにちは!

歯科助手の長岡です😌

今回はマウスピース矯正とワイヤー矯正の違いについてお話致します。

<マウスピース矯正>

透明なマウスピースを使って歯並びをきれいに並べる方法です。

当院では『インビザライン』というマウスピース矯正を行っています。

歯の表面にブラケットやワイヤーを接着するワイヤー矯正に比べて、見た目が目立たない矯正方法です。一人ひとりの歯型に合ったオーダーメイドのマウスピースを使用します。

1つのマウスピースを1週間〜10日間使用し、歯が一定量動いたら次のマウスピースに交換するということを繰り返し、歯を移動させていきます。

〇マウスピース矯正のメリット

①見た目がほとんど目立たない

透明のマウスピースのためワイヤー矯正と比べ見た目はほとんど目立ちません。

②虫歯や歯周病のリスクが下がる

ワイヤー矯正のように器具が直接歯に着いている訳では無いため日々のセルフケアがしやすく虫歯や歯周病のリスクを抑えることができます。

③痛みが少ない

ワイヤー矯正に比べ、強い力で一度に歯を動かさず、緩い力で少しずつ動かしていくため痛みが少ないです。

〇マウスピース矯正のデメリット

①マウスピースを長時間つけたり付け替えたりと自己管理が必要

お食事以外の時間は基本的にマウスピースを装着してもらいます。自己管理をして頂きマウスピースを付け替える必要があります。

②マウスピースでは対応できないケースがある

場合によってはマウスピース矯正では対応が

難しいケースがあります。気になる方は一度当院にご相談ください。

<ワイヤー矯正>

ワイヤー矯正とは、その名の通りワイヤーを使用した矯正方法です。

歯に装置(ブラケット)を装着し、ワイヤーをそこに通すことで歯を移動させていきます。

〇ワイヤー矯正のメリット

①幅広いケースに対応出来る

治療が難しいケースもあるマウスピース矯正と比べ、ワイヤー矯正は幅広い歯並びに対応可能です。

②取り外しをしなくて良い

ワイヤー矯正は歯に直接装置(ブラケット)がついているためマウスピース矯正のように取り外しをする必要がありません。

③移動速度が早い

マウスピース矯正に比べワイヤー矯正は歯の移動速度が速いです。

〇ワイヤー矯正のデメリット

①目立つ

歯に直接装置がついているため、笑った時などに装置が目立ちます。

②痛い

マウスピース矯正と比べ痛みが大きいです。

また装置がほっぺなどに当たり口内炎が出来てしまうこともあります。

③歯磨きがしにくい

歯に直接装置がついているため、歯磨きしづらくマウスピース矯正に比べ虫歯や歯周病のリスクが高いです。

また食べ物やよごれが挟まったり溜まりやすいです。

当院では今矯正治療に力を入れています。

矯正治療は見た目の並びだけでなく、噛み合わせや今後の虫歯や歯周病のリスクにも大きく関わってきます。

ご相談だけでも構いません!

是非一度自分の歯並びを考えるきっかけになって貰えたらと思います。

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~17:30-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る