医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

筋膜ストレッチについて

2021年10月18日

こんにちは!歯科衛生士の吉田です(^^)

最近肌寒い日が続いていますね。

皆さん体調を崩さないようにお気をつけ下さい!

本日は筋膜ストレッチについてです。

皆さんは筋膜ストレッチという言葉を耳にしたことありますでしょうか?

 

全身のこりの原因にも改善にも関係している「筋膜」。筋膜とは、筋肉の中で筋肉を覆っているのが筋外膜と呼ばれるもので、繊維の束がバラバラにならないように筋肉を包み込んでいる膜です。そしてその筋外膜の上に深筋膜という全身をボディースーツのように覆っている膜のことです。

日々、食いしばりや歯ぎしりなどをしていると、筋膜の不調が起こってしまいます。

以下のような症状に悩んでいるなら、食いしばりや歯ぎしりをしている可能性大。自覚症状がなくても、予防としてマッサージにトライしてみるのもおすすめです。

・顔の筋肉がだるく感じることが多い

・姿勢が悪いまたは猫背になりがち

・ストレスが多い

・口を開けると顎が痛い

・口を開ける、または顎を動かすと音がする

・口が開けにくい

ストレッチについてご案内します↓↓

肩こりを改善するストレッチです。

左足を前に出し、右手をテーブルにつく。

後ろ足(右足)は曲げずにしっかり伸ばす。

左腕を天井に向かって伸ばし15秒キープする。

15秒キープしたら、上げている腕の方向に顔と身体をひねり、気持ちよく感じるところで15秒キープする。

上げている腕の指先を見るようにすることで首周りまで効果的に伸ばせる!

15秒キープしたら、そのままの姿勢で右ひじをテーブルにつけ15秒キープする。

テーブルについたひじは肩の内側に入るくらいまでひねる。

左右ワンセットで1日3セット行います。慣れてきたら秒数を増やすと効果的。

この動きはお腹を引き締めて代謝をUPしてくれます。肩こり改善には15秒ずつ、ダイエットには30秒ずつ行い、慣れてきたら1動作につき45秒ずつ行いましょう。③の動きで体をひねることで背中や腰などの大きな筋肉が動かしやすくなりますよ!

詳しいストレッチのやり方の動画を当院では患者さんにURLでお送りすることも可能です。

ご興味ある方は当院スタッフまで是非お声がけください♪

また寝ている間の食いしばり、歯ぎしりの予防法としてマウスピースを装着することもオススメします!保険適応で作ることが可能ですのでご希望の方は是非スタッフに相談してみて下さい(*^ω^*)

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~17:30-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る