医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

当院の滅菌の取り組について☆

2020年03月30日

こんにちは!歯科衛生士の川嶌です。
最近、世間を騒がせている新コロナウイルスなど、目には見えない細菌はとても怖いと思います(>.<)そこで今日は、滅菌についてお話ししようと思います。

まず、滅菌とは…
・洗浄
埃や汚れ、体液、有機物などをきれいに除去すること。

・消毒
対象物から多数の微生物除去を行うこと、
または人体に有害な微生物の感染力を害のないレベルまで減らすこと。
※必ずしもすべての微生物の殺滅ではありません。

・滅菌⬅️こちらです!
全ての微生物を滅殺または除去すること。

当院で行っている滅菌は、以下の3種類です。

○高圧蒸気滅菌
治療で使用するミラーやピンセット、歯を削るバーや歯を抜く器具などほとんどのものは、高圧蒸気滅菌器(オートクレーブ)で滅菌しています。

高圧蒸気滅菌器とは…
オートクレーブ内の圧力を高温の蒸気で上げることによって、細菌や微生物の蛋白質を変性させ死滅させる滅菌法です。
高圧蒸気滅菌は飽和蒸気を用いることで、その他の熱による滅菌(煮沸滅菌、乾熱滅菌)よりも低温・短時間で滅菌することができ、歯科では一般的な滅菌方法として広く用いられています。

○ガス滅菌


歯科で使用する器具にはプラスチック製やサビを生じやすい器具も多数ありますが、先ほどの高圧蒸気滅菌器を使用する事は出来ません。使用すると溶けたり、変形したりするからです。そういった場合は、薬液消毒を行うのが一般的です。
そこで当院では、そのような器具に使用出来るガス滅菌器を導入しています。ガス滅菌器は、ランニングコストが高く、手間がかかるため設置されている歯科医院は非常に少ないのが現状です。
そのため、徹底した滅菌消毒を行うためオートクレーブでの滅菌が不可能な器具もガス滅菌により可能になっています。

○歯を削るハンドピース専用の滅菌
平成26年5月18日(日)付の読売新聞にて、歯を削る医療機器を滅菌せずに使い回している歯科医療機関が約7割に上る可能性があることが、国立感染症研究所などの研究班の調査で分かったという記事がありました。


当院ではヨーロッパの滅菌基準に基づいたハンドピース専用の滅菌機を導入しております。NSK社製のハンドピース専用滅菌機「i Clave mini」です。一度に複数本のハンドピースを滅菌できるため、ハイサイクルかつ確実に滅菌処理を施すことができます。


歯科用ハンドピース専用滅菌機を活用する際、実際にはハンドピースを多数そろえていなければ十分な滅菌回数が確保できず、患者様をお待たせしてしまう可能性もあります。
毎回すべての患者さんに滅菌済みの設備で対応するために、数十本に及ぶハンドピースを用意しています。
これにより毎回すべてのハンドピースを滅菌することを前提とした治療が可能となっています。
また、使用する器具・医療機器はすべて患者さんごとに徹底的に滅菌し、治療中、患者さんのお口の中を触るスタッフのグローブ、コップ、エプロンは使い捨てのものを利用し、患者さんごとに新しい物を使用していますので、安心してご来院いただければと思います(^-^)/

当院で販売している物品について

2020年03月24日

皆様こんにちは!
歯科衛生士の田村です。
今回は、当院で販売している物品にお話しようと思います!

当院では歯ブラシや歯磨き粉を始め、洗口液やサプリメントなど様々な商品を取り扱っております。
今回は、その中でも特にオススメしたい3つの商品をご紹介したいと思います!

まず1つ目の商品、「ルシェロ 歯ブラシ」


ルシェロ歯ブラシは、患者様ひとりひとりの口腔内の状態に合わせて毛の硬さだけでなく植毛デザインまで最適化したブラシを選択できる全く新しいコンセプトの歯ブラシです!
虫歯予防のタイプや歯周病予防のタイプ、コンパクトなサイズやヘッドが大きいものなど様々な種類のものをご用意しております。
患者様の口腔内に合ったものを処方させていただきますので、是非お気軽にお声かけください!

次に2つ目の商品、「ナチュラルトゥースペースト B+」


こちらは天然由来成分が配合された歯磨き粉です。
歯磨き粉は毎日使うもの。
歯の汚れがきれいになるだけでなく、安全な成分のものを使いたいですよね。
ナチュラルトゥースペーストは、安全性が懸念される合成界面活性剤、湿潤剤、合成甘味料、防腐剤を使っておらず、より安全な天然由来成分を使用して作られています!

どのような成分が入っているのか↓
・コーラルアパタイト
→世界初の化石サンゴ由来のアパタイト
《歯の再石灰化》《ステイン、細菌を除去》

・化石サンゴ
→《ミネラル補給》《ステイン、細菌を除去》

・タマネギ根エキス
→《虫歯菌への抗菌》

・カキタンニン
→渋柿に含まれる成分
《消臭効果》《殺菌、防菌効果》

ナチュラルトゥースペーストでは、ホワイトニング、歯の再石灰化、抗菌、口臭の消臭に効果が期待されています。
特にホワイトニングは、薬品や研磨で白くするのではなく、汚れを吸着分解することによるホワイトニングです。
ナチュラルトゥースペーストは、研磨剤無配合なのに歯の着色を落とすことができるのです!

最後の商品、「ポイックウォーター」


ポイックウォーターは次亜塩素酸水のことで、口腔内で使用でき触れた部分を安全かつ強力に洗浄、除菌するお水です。
薬品を使用しておらず、塩と純水を電気分解して生成されており、人の免疫細胞が産生する物と同質なため、とても安全で体に優しいお水です!
こちらでうがいをすることでタンパク汚れであるバイオフィルムを分解・洗浄して、虫歯や歯周病の原因菌を殺菌してくれる効果があります。
ポイックウォーターを使う人と使ってない人では、虫歯の発生率が6割も違うと言われています!
ウイルスにも殺菌効果があり、インフルエンザやノロなどの予防にも効果的です。
当院では、治療の前に患者様全員にポイックウォーターでうがいをしていただいております。
販売もしているので、気になる方はお気軽にお声かけください!

いま紹介した商品の他にも様々な商品がございます。
待合室に物品コーナーもございますので、是非ご覧ください!

初診から治療開始までの流れ

2020年03月8日

こんにちは。

歯科衛生士の平田です。まだ肌寒い日が続いていますが、来週は桜の開花予報が出ていますね。新型コロナウイルスによる自粛ムードが漂う中、不安な日々を過ごされている事と存じます。

今回は市川ビルさとう歯科医院における、初診から治療開始までの流れについてご説明させていただきます。

まず、当院では患者さんにより良い歯科医療を提供するため、診査、診断、インフォームド・コンセントを重視しております。

そのため、初診日当日に治療を行うことはほとんどございません。痛みがある場合や、早急な処置が必要であると歯科医師が判断した場合には応急処置をすることもあります。

◆治療までの流れ◆

1.お電話にてご予約をお取りいただきます。

⒉ご来院いただき、初診時に問診、カウンセリング、口腔内診査や口腔内写真撮影、レントゲン撮影などを行います。

所要時間は1時間程度です。

⒊コンサルテーション

初診時にカウンセリングでお聞かせいただいた個々の患者さんのお悩みや、気になっている事を中心に、初診時の情報をもとに専門のスタッフから説明をさせていただきます。

現在のお口の中の状況、今後起こりうること、治療が必要なところ、治療方法やメインテナンスについてなど、時間をかけてしっかり説明させていただきます。

この日に治療方法が決定すれば、そのまま治療のご予約をお取りいただく流れとなりますが、もちろんその場でお返事をいただ

かなくてもかまいません。

現状維持のための歯周病治療からメインテナンスのみでもお受けいたしております。

皆さまにご自身のお口の中の状態を知っていただくことが大切であると考えております。

※自費治療を無理やり押し付けるようなことは一切いたしておりません。きちんと説明をし、患者さんのご理解をいただき、患者さんご自身に治療方法の選択をしていただいてから治療に入らせていただきます。

※通常の保険診療も行っておりますので、ご安心くださいませ。

⒋治療開始

手術用顕微鏡(マイクロスコープ)下で、高精度で質の高い歯科治療を目指し、行っております。

以上が市川ビルさとう歯科医院の初診から治療までの流れです。

多くの方が歯科医院に足を運ぶのは勇気が要りますし、費用が気になる方も少なくありません。皆さまがほんの少しでも不安がなく、安心して来院していただけるように、これからも医院全体で取り組んでいきたいと考えております。

心配な点や疑問点、何か質問したいことがございましたら、遠慮なくスタッフにお尋ねくださいね。

 

ヒューマンブリッジ

2020年02月3日

みなさんこんにちは。

事務の及川です。

 

本日は、ヒューマンブリッジについてお話させていただきます。

ヒューマンブリッジは、支台歯の削除量が極めて少ない、体に優しい欠損補綴の選択肢の一つです。

隣り合った歯を必要最低限しか削らず、手術なども必要ないため、入れ歯、ブッリジ、インプラントに次ぐ第四の選択肢として注目されています。

 

ヒューマンブリッジとは?

ヒューマンブリッジは驚くほどダメージが少なく、何よりも歯にとって一番大切なエナメル質を残して装着可能です。

支台歯の削除量が極めて少ない固定性のブリッジです。従来のブリッジは歯のエナメル質を大きく削り取るため、

大きなダメージが欠点でしたが、ヒューマンブリッジは驚くほどダメージが少なく何よりも歯にとって一番大切なエナメル質を残して装着可能です。

歯のアンダーカットを積極的に利用しているため、単に接着しているだけではなく、従来の歯科治療では考えられなかったような3次元的に計算された構造となっています。また、短時間で装着可能で、心臓病、高血圧、糖尿病など、インプラント非適応症の患者さんにも施術可能です。

インプラントとブリッジの中間的な位置付けの補綴方法です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューマンブリッジの特長

  • 隣り合った歯をほとんど削らない

隣り合った歯をほとんど削らないため、残った歯に対するダメージを最小限にできます。

 

  • 麻酔・痛みない・手術不要

歯をほとんど削らないため、痛くない、無麻酔で処置できます。インプラント治療のような外科的な手術も不要です。(症例によっては麻酔が必要な場合もあります)

 

  • インプラント治療ができない方へ

心臓病、高血圧、糖尿病、手術が怖い、他、何らかの事情によりインプラント治療ができない方にもヒューマンブリッジは対応できる場合が多くあります。

 

  • 取り外す必要がありません

接着剤で固定するため、取り外しの手間がかかりません。また、固定式のため、噛む機能が高く、外れ落ちにくいです。

 

  • 異物感が少ない

基本的に隣り合った歯の噛み合う面は削らないので、装着時の違和感が少ない。

 

  • 対応する症例条件

少数の歯の欠損に対する幅広く対応することが可能です。

 

 

 

 

 

 

 

 

ヒューマンブリッジの治療手順

 

 

 

① エナメル質の表面に、奥歯の場合は小さなくぼみを1箇所ずつ作ります。前歯の場合は、2箇所ずつ細かい溝を作ります。この時の溝やくぼみの深さは0.5~0.7mmですので象牙質が露出することはありません。

 

 

 

② 型取りをしてヒューマンブリッジのパーツを製作し、パーツを接着剤で装着していきます。この時にパーツは3次元的に歯にはめ込む形になるため、単に接着剤でつけるよりも、より強固なものになります。

 

 

 

③ 両隣にパーツが装着された状態です。前歯の場合には、裏側に金属が来るため、前から金属は見えません。

 

 

 

④ 歯の無い部分に人口の歯を接着剤と共にはめ込み完成です。

健康な歯は削るのは避けたい、インプラント手術も避けたいという悩みを抱えている方には適していると思いますので、お気軽にご相談下さい。

 

 

 

ラバーダムについて

2020年01月28日

皆さんこんにちは!保育士の神田です☺︎

今回は根管治療の際に当院でも使用している、ラバーダムというゴムのマスクについて説明します。

ラバーダムとは、歯にゴムのシートをかけて、唾液などの細菌の侵入を防ぐものです。

これにどんな意味があるのかというと

①細菌の侵入を防ぐ

根管治療の失敗の原因のすべては細菌が関与しています。治療中に髪の毛など触るとそこにいる細菌が根管内に移ります。また唾液は、気を付けていてもラバーダムがないと何かのタイミングで必ず根管内に入ります。ロールワッテと呼ばれるもので唾液の侵入を食い止めても、必ずもれはあります。

②より正確な根管治療を行える。

マイクロスコープという顕微鏡を使う際に視野が広くなります。特定の歯を見たい時、口角がマイクロの視線の先にあって邪魔になることが多々ありますがラバーダムで口角を引っ張ることで根管内をしっかり見ることができます。

③誤飲防止

歯科治療は細かい道具を多用しますので、誤って口腔内に落下させることが多いです。ラバーダムをかけることで誤飲は防ぐことが出来ます。

主にこのようなことからラバーダムは非常に有効だと考えられます。

保険適用でラバーダムを使用しての根管治療を行うことができますので何か気になることありましたらぜひ市川ビルさとう歯科医院にお越し下さい!

歯科訪問診療について

2020年01月15日

皆様あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します!

歯科助手の長岡です。

 

現在市川ビルさとう歯科医院では訪問診療を積極的に行っております。

今回はその『歯科の訪問診療』についてお話致します。

 

①歯科訪問診療とは?

歯科訪問診療は何らかの身体的、精神的理由で歯科診療所に通院できない方に対し、歯科医師、歯科衛生士等が自宅や介護施設、病院等に訪問し、歯科治療や専門的な口腔ケアを行う制度です。

 

②訪問診療の対象の方とは?

在宅等で療養を行っており、疾病、傷病のために『通院による歯科診療が困難な方』が対象です。

要介護の高齢者の方では、歯を診てもらいたくても体が不自由で通院できない方がたくさんいらっしゃいます。しかし、体に障害があったり、病気を持っている方ほど口腔ケアを行いにくく、治療が必要な状態になりやすいです。今は訪問歯科診療を受けて長年のお口の悩みを解消できた人も少なくありません。

 

③歯科訪問診療ではどのようなことを行うの?

歯科訪問診療では、

1.歯科診療

2.口腔ケア

3.口腔リハビリテーション

これらの事を主に行っております。

また、通院困難な方に多い訴えは、「食べられなくて困っている」というのものです。食べられなくなった原因は、入れ歯が壊れてしまったり歯が抜けてしまった、あるいは入れ歯が痛いなど様々あります。訪問歯科診療では、通院困難な方の訴えをくみとって、むし歯や歯周病などの治療や入れ歯の作製・修理、口腔ケアなどに対応しています。

さらに、誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復など、口腔機能のリハビリテーションも行います。治療の方法は利用者の体力に合わせて無理のないように進めていきます。費用は医療保険や介護保険が適用されます。

 

④歯科訪問診療のメリットとは?

歯科医師が自宅や施設等に来てくれるというメリットは、患者様が通院しなくてもいいということだけではありません。たとえば入れ歯を作った場合、歯科医師が直接利用者の食生活の場面などを見ることで、よりきめ細かく調整することができます。また、口腔ケアの方法を指導する場合は、通院困難な方の身体の状態はもちろん、介護者がどれだけ関われるかが大切なポイントです。訪問歯科診療ならば、通院困難な方の生活や介護の状況も理解しやすいので、より適切な口腔ケアを提案することが可能になります。

 

⑤どうやって依頼したらいいの?

1.かかりつけの歯医者に相談する

2.地元の歯科医師会の事務局に相談する

3.お住まいの都道府県の歯科医師会に相談する

4.ケアマネージャーや訪問看護師に相談する

5.病院の担当看護師や地域医療連携室のスタッフに相談する

6.施設のケアマネージャーに相談する

などが挙げられます。

色々な方法がありますので、一番身近な方法でご相談ください!

☆唾液検査について☆

2019年12月16日

こんばんは。
トリートメントコーディネイターの片岡です。
だいぶ寒くなってきましたね。
気温変化が大きくて体調を崩しやすい日々が続いています。
インフルエンザも流行ってきましたので、皆様体調にもお気をつけください。

さて、今回は唾液検査についてお伝えをしたいと思います。

まず、当院では唾液検査をすることが出来ます。
唾液検査は、SiLL-Haという機械を使って行います。


この機械では、多項目同時測定が可能です。
3項目の測定が同時にできます。
それは歯の健康、歯茎の健康、口腔清潔度についてです。

そして6種類の数値が測定できます。

<歯の健康>
①むし歯菌
むし歯菌が多いと、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯の健康を損なうことが知られています。
唾液検査では、う蝕原性菌数との関連性が認められているグラム陽性菌群によるレサズリンの還元能を検出しています。

②酸性度
唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
唾液検査では、pH指示薬の呈色変化から水素イオン量を検出しています。

③緩衝能
唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
唾液検査では、一定量の酸存在下の複合pH指示薬の呈色変化から、酸に対する唾液の中和力を検出しています。

<歯茎の健康>
④白血球
歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。
唾液検査では、尿検査に用いられている試験紙の技術を応用し、白血球エステラーゼ活性を検出しています。

⑤たんぱく質
口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。
唾液検査では、尿検査に用いられている試験紙の技術を応用し、色素結合法により総タンパク質量を測定しています。

<緩衝能>
⑥アンモニア
口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になるといわれています。
唾液検査では、血液検査で用いられている試験紙の技術を応用し、ブロモクレゾールグリーン(BCG)の発色によりアンモニアを検出しています。

まずは、唾液検査を行って自分自身の状況を知りましょう!
そして、お口の中の健康状態を良くし、維持していけるように予防と管理の徹底をしていくことが大切です。

当院の衛生士がしっかりとサポートをさせていただきます。

まだ検査をしたことがない方はまずやってみてください。
既に行っている方は定期的に行い、変化を確認してみてください。

酸蝕症について

2019年11月20日

皆さんこんにちは!

歯科医師の上柳です。

だいぶ寒くなり、冬が近づいてきましたね。

 

今日はう蝕(虫歯)、歯周病に続く第3の歯の疾患といわれている酸蝕症についてお話します。

皆さん、酸蝕症について聞いたことはあるでしょうか。

 

う蝕(虫歯)は口腔内の細菌により歯が溶けるのに対して、酸蝕症とは主に普段口にする食べ物や飲み物に含まれる酸によって歯が溶かされることによって生じます。

普段、私たちの口の中はpH6.8~7くらいの中性の状態ですが、酸を多く含むものを摂取すると酸性になります。

歯の表面のエナメル質は口の中が酸性になり、pH5.5を下回ると溶け始めます。

 

〇酸を多く含む食品

・お酢

・炭酸飲料

・柑橘系の果物

・フルーツジュース など

 

これらの食品を摂取する頻度や時間が長いと、酸蝕症のリスクが大きくなります。

また、酸を摂取した後はエナメル質が軟らかくなるため、歯ブラシで強く磨くと歯へのダメージが大きくなります。

〇その他食品以外が原因での酸蝕症

・酸を使用している職場で働いている方

・逆流性食道炎や過食等による胃酸が影響で生じる方

 

〇酸蝕症の症状

・歯がしみる

・歯の色が黄色くなる

・前歯の先端が欠けてしまった

・歯のツヤが無くなった

・歯に穴が空く

 

〇酸蝕症の予防方法

・酸性の強い食品の過剰な摂取は控える

・ダラダラ食べやダラダラ飲みは控えて時間を決める(お口の中が常に酸性になるのを防ぐ)

・酸性の食品を間食で摂取した場合はすぐにお水でブクブクうがいをする(お口の中が中性に戻る助けになる)

・よく噛んで食事をする(よく噛むことで唾液の分泌量が増え歯の再石灰化を促進させる)

・定期的に歯科医院で検診を受ける(歯の表面に異常が

ないかチェックする)

 

健康のためにお酢や果物を摂取している方もたくさんいらっしゃると思いますが、その一方お口の中では酸蝕症というリスクが高まっている可能性もあります。

定期的なお口の中のチェックはとても大切です。

気になることがありましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。

アイテロエレメントについて

2019年11月11日

皆さんこんにちは!歯科衛生士の吉田です(*^_^*)

今回はアイテロエレメントについてお話しさせていただきます。

アイテロエレメントとは

矯正治療でのマウスピース矯正であるインビザラインにおいて、マウスピースを作成する際の歯型を取る場合、今まではシリコン素材のものを使用していましたが、固まるまでの時間が4~5分と長くかかってしまうため、患者さんも不快な思いをしながらの作業でした。しかし、アイテロエレメントという口腔内スキャナーを使用することで、より快適で精密な歯型を取ることが可能になりました。矯正治療を成功させるためにも、正確なマウスピースを製作することが重要であり、iTero口腔内スキャナーはその大きな役割を担っているのです。

アイテロエレメントのメリット

①正確な歯型を取ることができる

正確な歯型を取ることで、より正確なマウスピースを作ることができます。正確な歯型が矯正治療を成功させることに繋がります。iTeroは精密な歯型を取ることができるため、矯正治療に適した精密な歯のデータを得ることができます。

IMG_6320.jpeg

②不快感がない

従来のシリコン素材のものを使用した場合、口の中でシリコンが固まるまでの4~5分の間、患者さんは不快な思いをしながらじっとしていなくてはいけなかったのですが、iTeroはシリコンなどの歯型の素材を使用する必要もないため、嘔吐反射も起きにくく、呼吸もしやすくなるため、快適に歯型を取ることが可能です。

③治療を早く始めることができる

従来のシリコンで歯型をとっていた場合は、出来上がった歯型をアメリカへの輸送しなければならなかったため、歯型をとってから矯正治療をおこなう前の、3D動画での計画された歯の移動のシミュレーションを患者さんと共に確認ができるクリンチェックができるまでに約24週間かかってしまっていました。 しかしiTeroでは、スキャンした歯型のデータを、その場でアメリカに送信することができるため、クリンチェックが2~3日で出来ます。そのため矯正治療も早く始めることができるので、患者さんを待たせる期間も短くなります。

マウスピースでの矯正治療を検討されていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、アイテロエレメントを導入している当院へ是非一度お越し下さい!

インプラントについて

2019年10月30日

皆さんこんにちは(´ ` )ノ

歯科助手の林です!

朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたが皆様体調お変わりなくお過ごしでしょうか?

本日はインプラントについてご説明させていただきます!!

インプラントとは虫歯や歯周病などが原因で歯がなくなってしまった場合に、機能性、審美性を回復させる為に行う処置です。

(下記の図、左から術前、術中、術後)

IMG_1353.jpeg

インプラントの利点は、ご自身の歯と同じくらいの力で噛めることです。

入れ歯やブリッジだと30%から60%の力でしか噛むことができないと言われています。

インプラントはブリッジのように、ご自身の健康な歯を削ったり負担をかけることもなく、入れ歯のように取り外して洗浄する必要はありません!

インプラントの欠点は、個人差はありますが治療期間が半年程度と少し長く、またコストがほかの治療よりかかってしまいます。

また定期的なメンテナンスを行わなければ、インプラント周囲炎になってしまう可能性があります。そのため、定期的なメンテナンスを行うようにしましょう!

しかし、インプラントの治療に30万円かかったとしてその歯が10年間機能したとすると、1日あたりかかるコストは100円程度です。

インプラントは誰でも入れることができる訳ではなく、顎の骨が痩せすぎてしまっている方やひどい歯周病や糖尿病、喫煙されてる方はおすすめできない場合があります。

何か気になることがありましたら市川ビルさとう歯科医院に一度ご来院ください!!

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:30-
午後:15:00~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る