医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

ラバーダムについて

2020年01月28日

皆さんこんにちは!保育士の神田です☺︎

今回は根管治療の際に当院でも使用している、ラバーダムというゴムのマスクについて説明します。

ラバーダムとは、歯にゴムのシートをかけて、唾液などの細菌の侵入を防ぐものです。

これにどんな意味があるのかというと

①細菌の侵入を防ぐ

根管治療の失敗の原因のすべては細菌が関与しています。治療中に髪の毛など触るとそこにいる細菌が根管内に移ります。また唾液は、気を付けていてもラバーダムがないと何かのタイミングで必ず根管内に入ります。ロールワッテと呼ばれるもので唾液の侵入を食い止めても、必ずもれはあります。

②より正確な根管治療を行える。

マイクロスコープという顕微鏡を使う際に視野が広くなります。特定の歯を見たい時、口角がマイクロの視線の先にあって邪魔になることが多々ありますがラバーダムで口角を引っ張ることで根管内をしっかり見ることができます。

③誤飲防止

歯科治療は細かい道具を多用しますので、誤って口腔内に落下させることが多いです。ラバーダムをかけることで誤飲は防ぐことが出来ます。

主にこのようなことからラバーダムは非常に有効だと考えられます。

保険適用でラバーダムを使用しての根管治療を行うことができますので何か気になることありましたらぜひ市川ビルさとう歯科医院にお越し下さい!

歯科訪問診療について

2020年01月15日

皆様あけましておめでとうございます!

今年も宜しくお願い致します!

歯科助手の長岡です。

 

現在市川ビルさとう歯科医院では訪問診療を積極的に行っております。

今回はその『歯科の訪問診療』についてお話致します。

 

①歯科訪問診療とは?

歯科訪問診療は何らかの身体的、精神的理由で歯科診療所に通院できない方に対し、歯科医師、歯科衛生士等が自宅や介護施設、病院等に訪問し、歯科治療や専門的な口腔ケアを行う制度です。

 

②訪問診療の対象の方とは?

在宅等で療養を行っており、疾病、傷病のために『通院による歯科診療が困難な方』が対象です。

要介護の高齢者の方では、歯を診てもらいたくても体が不自由で通院できない方がたくさんいらっしゃいます。しかし、体に障害があったり、病気を持っている方ほど口腔ケアを行いにくく、治療が必要な状態になりやすいです。今は訪問歯科診療を受けて長年のお口の悩みを解消できた人も少なくありません。

 

③歯科訪問診療ではどのようなことを行うの?

歯科訪問診療では、

1.歯科診療

2.口腔ケア

3.口腔リハビリテーション

これらの事を主に行っております。

また、通院困難な方に多い訴えは、「食べられなくて困っている」というのものです。食べられなくなった原因は、入れ歯が壊れてしまったり歯が抜けてしまった、あるいは入れ歯が痛いなど様々あります。訪問歯科診療では、通院困難な方の訴えをくみとって、むし歯や歯周病などの治療や入れ歯の作製・修理、口腔ケアなどに対応しています。

さらに、誤嚥性肺炎の予防や食べる楽しみの回復など、口腔機能のリハビリテーションも行います。治療の方法は利用者の体力に合わせて無理のないように進めていきます。費用は医療保険や介護保険が適用されます。

 

④歯科訪問診療のメリットとは?

歯科医師が自宅や施設等に来てくれるというメリットは、患者様が通院しなくてもいいということだけではありません。たとえば入れ歯を作った場合、歯科医師が直接利用者の食生活の場面などを見ることで、よりきめ細かく調整することができます。また、口腔ケアの方法を指導する場合は、通院困難な方の身体の状態はもちろん、介護者がどれだけ関われるかが大切なポイントです。訪問歯科診療ならば、通院困難な方の生活や介護の状況も理解しやすいので、より適切な口腔ケアを提案することが可能になります。

 

⑤どうやって依頼したらいいの?

1.かかりつけの歯医者に相談する

2.地元の歯科医師会の事務局に相談する

3.お住まいの都道府県の歯科医師会に相談する

4.ケアマネージャーや訪問看護師に相談する

5.病院の担当看護師や地域医療連携室のスタッフに相談する

6.施設のケアマネージャーに相談する

などが挙げられます。

色々な方法がありますので、一番身近な方法でご相談ください!

☆唾液検査について☆

2019年12月16日

こんばんは。
トリートメントコーディネイターの片岡です。
だいぶ寒くなってきましたね。
気温変化が大きくて体調を崩しやすい日々が続いています。
インフルエンザも流行ってきましたので、皆様体調にもお気をつけください。

さて、今回は唾液検査についてお伝えをしたいと思います。

まず、当院では唾液検査をすることが出来ます。
唾液検査は、SiLL-Haという機械を使って行います。


この機械では、多項目同時測定が可能です。
3項目の測定が同時にできます。
それは歯の健康、歯茎の健康、口腔清潔度についてです。

そして6種類の数値が測定できます。

<歯の健康>
①むし歯菌
むし歯菌が多いと、歯の表面に歯垢(プラーク)が付着しやすく、歯の健康を損なうことが知られています。
唾液検査では、う蝕原性菌数との関連性が認められているグラム陽性菌群によるレサズリンの還元能を検出しています。

②酸性度
唾液の酸性度が高いと、口腔環境は酸性になり、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
唾液検査では、pH指示薬の呈色変化から水素イオン量を検出しています。

③緩衝能
唾液には、むし歯菌や食物由来の酸を中和する機能(緩衝能)がありますが、その働きが弱いと、エナメル質などの歯質が溶解(脱灰)しやすいことが知られています。
唾液検査では、一定量の酸存在下の複合pH指示薬の呈色変化から、酸に対する唾液の中和力を検出しています。

<歯茎の健康>
④白血球
歯と歯ぐきの間で細菌や異物が増加すると、生体の防御作用により唾液中の白血球が増加することが知られています。
唾液検査では、尿検査に用いられている試験紙の技術を応用し、白血球エステラーゼ活性を検出しています。

⑤たんぱく質
口腔内細菌や、歯と歯ぐきの間にあるバイオフィルム(プラーク)の影響により、唾液中のタンパク質が多くなることが知られています。
唾液検査では、尿検査に用いられている試験紙の技術を応用し、色素結合法により総タンパク質量を測定しています。

<緩衝能>
⑥アンモニア
口腔内の細菌総数が多いと、唾液中のアンモニアが多くなることが知られており、口臭等の原因になるといわれています。
唾液検査では、血液検査で用いられている試験紙の技術を応用し、ブロモクレゾールグリーン(BCG)の発色によりアンモニアを検出しています。

まずは、唾液検査を行って自分自身の状況を知りましょう!
そして、お口の中の健康状態を良くし、維持していけるように予防と管理の徹底をしていくことが大切です。

当院の衛生士がしっかりとサポートをさせていただきます。

まだ検査をしたことがない方はまずやってみてください。
既に行っている方は定期的に行い、変化を確認してみてください。

酸蝕症について

2019年11月20日

皆さんこんにちは!

歯科医師の上柳です。

だいぶ寒くなり、冬が近づいてきましたね。

 

今日はう蝕(虫歯)、歯周病に続く第3の歯の疾患といわれている酸蝕症についてお話します。

皆さん、酸蝕症について聞いたことはあるでしょうか。

 

う蝕(虫歯)は口腔内の細菌により歯が溶けるのに対して、酸蝕症とは主に普段口にする食べ物や飲み物に含まれる酸によって歯が溶かされることによって生じます。

普段、私たちの口の中はpH6.8~7くらいの中性の状態ですが、酸を多く含むものを摂取すると酸性になります。

歯の表面のエナメル質は口の中が酸性になり、pH5.5を下回ると溶け始めます。

 

〇酸を多く含む食品

・お酢

・炭酸飲料

・柑橘系の果物

・フルーツジュース など

 

これらの食品を摂取する頻度や時間が長いと、酸蝕症のリスクが大きくなります。

また、酸を摂取した後はエナメル質が軟らかくなるため、歯ブラシで強く磨くと歯へのダメージが大きくなります。

〇その他食品以外が原因での酸蝕症

・酸を使用している職場で働いている方

・逆流性食道炎や過食等による胃酸が影響で生じる方

 

〇酸蝕症の症状

・歯がしみる

・歯の色が黄色くなる

・前歯の先端が欠けてしまった

・歯のツヤが無くなった

・歯に穴が空く

 

〇酸蝕症の予防方法

・酸性の強い食品の過剰な摂取は控える

・ダラダラ食べやダラダラ飲みは控えて時間を決める(お口の中が常に酸性になるのを防ぐ)

・酸性の食品を間食で摂取した場合はすぐにお水でブクブクうがいをする(お口の中が中性に戻る助けになる)

・よく噛んで食事をする(よく噛むことで唾液の分泌量が増え歯の再石灰化を促進させる)

・定期的に歯科医院で検診を受ける(歯の表面に異常が

ないかチェックする)

 

健康のためにお酢や果物を摂取している方もたくさんいらっしゃると思いますが、その一方お口の中では酸蝕症というリスクが高まっている可能性もあります。

定期的なお口の中のチェックはとても大切です。

気になることがありましたらお気軽にスタッフまでお声がけください。

アイテロエレメントについて

2019年11月11日

皆さんこんにちは!歯科衛生士の吉田です(*^_^*)

今回はアイテロエレメントについてお話しさせていただきます。

アイテロエレメントとは

矯正治療でのマウスピース矯正であるインビザラインにおいて、マウスピースを作成する際の歯型を取る場合、今まではシリコン素材のものを使用していましたが、固まるまでの時間が4~5分と長くかかってしまうため、患者さんも不快な思いをしながらの作業でした。しかし、アイテロエレメントという口腔内スキャナーを使用することで、より快適で精密な歯型を取ることが可能になりました。矯正治療を成功させるためにも、正確なマウスピースを製作することが重要であり、iTero口腔内スキャナーはその大きな役割を担っているのです。

アイテロエレメントのメリット

①正確な歯型を取ることができる

正確な歯型を取ることで、より正確なマウスピースを作ることができます。正確な歯型が矯正治療を成功させることに繋がります。iTeroは精密な歯型を取ることができるため、矯正治療に適した精密な歯のデータを得ることができます。

IMG_6320.jpeg

②不快感がない

従来のシリコン素材のものを使用した場合、口の中でシリコンが固まるまでの4~5分の間、患者さんは不快な思いをしながらじっとしていなくてはいけなかったのですが、iTeroはシリコンなどの歯型の素材を使用する必要もないため、嘔吐反射も起きにくく、呼吸もしやすくなるため、快適に歯型を取ることが可能です。

③治療を早く始めることができる

従来のシリコンで歯型をとっていた場合は、出来上がった歯型をアメリカへの輸送しなければならなかったため、歯型をとってから矯正治療をおこなう前の、3D動画での計画された歯の移動のシミュレーションを患者さんと共に確認ができるクリンチェックができるまでに約24週間かかってしまっていました。 しかしiTeroでは、スキャンした歯型のデータを、その場でアメリカに送信することができるため、クリンチェックが2~3日で出来ます。そのため矯正治療も早く始めることができるので、患者さんを待たせる期間も短くなります。

マウスピースでの矯正治療を検討されていらっしゃる方がいらっしゃいましたら、アイテロエレメントを導入している当院へ是非一度お越し下さい!

インプラントについて

2019年10月30日

皆さんこんにちは(´ ` )ノ

歯科助手の林です!

朝晩の冷え込みが厳しくなってまいりましたが皆様体調お変わりなくお過ごしでしょうか?

本日はインプラントについてご説明させていただきます!!

インプラントとは虫歯や歯周病などが原因で歯がなくなってしまった場合に、機能性、審美性を回復させる為に行う処置です。

(下記の図、左から術前、術中、術後)

IMG_1353.jpeg

インプラントの利点は、ご自身の歯と同じくらいの力で噛めることです。

入れ歯やブリッジだと30%から60%の力でしか噛むことができないと言われています。

インプラントはブリッジのように、ご自身の健康な歯を削ったり負担をかけることもなく、入れ歯のように取り外して洗浄する必要はありません!

インプラントの欠点は、個人差はありますが治療期間が半年程度と少し長く、またコストがほかの治療よりかかってしまいます。

また定期的なメンテナンスを行わなければ、インプラント周囲炎になってしまう可能性があります。そのため、定期的なメンテナンスを行うようにしましょう!

しかし、インプラントの治療に30万円かかったとしてその歯が10年間機能したとすると、1日あたりかかるコストは100円程度です。

インプラントは誰でも入れることができる訳ではなく、顎の骨が痩せすぎてしまっている方やひどい歯周病や糖尿病、喫煙されてる方はおすすめできない場合があります。

何か気になることがありましたら市川ビルさとう歯科医院に一度ご来院ください!!

MTAセメント

2019年10月17日

こんにちは!受付・保育士の伊藤です!

皆さま台風は大丈夫でしたか?

各地で色々な被害がでていますね。過ぎ去ってもまだ不安な日々は続きますがこれ以上被害が大きくならないことを祈るばかりです。。

 

そして、本格的に秋がやってきましたね!

肌寒い日が続いております。暖かくしてお過ごし下さい!

 

 

 

さて、今日は「MTAセメント」についてお話しします。

一般に、歯の神経と呼ばれる歯髄(しずい)という組織は、歯の根っこの中に迷路の様に複雑な形で存在しています。

狭いお口にある歯の、さらに根の中深くにある歯髄は直接みることが極めて困難です。

そのため、目視できない環境で行わざるをえない歯の神経の治療には多くのリスクが伴います。操作中に器具が折れてしまったり、根の治療に伴って歯が薄くなることでヒビがはいってしまうなど、歯の寿命が大幅に短くなり、抜歯にいたるケースも少なくありません。

歯を失うことで、他の歯や顎全体への悪影響も懸念されます。

 

 

歯を少しでも健康な状態で残すためには、神経を保存することが重要です。

神経まで虫歯が進行している場合、基本的には神経をとる処置を行いますが、MTAセメントを用いてしっかり封鎖すれば、神経を保存できる可能性があります。

 

 

では、MTAの特徴をお伝えします。

 

 

①削る量を最小限にし、神経を守る

MTAセメントは虫歯を取り除いて神経が露出したときに、そこを封鎖して神経を保護することができます。

神経を保存すると、根の治療をするよりも歯を削る量が少なくなるために、歯を長持ちさせる効果があります。

 

 

②安心で優しい

MTAは膨張しながら硬化するため封鎖性にすぐれ、身体に為害性が無い安心安全な材料です。

 

 

③再発予防

MTAは水分があっても歯質と密着するので、細菌の侵入を食い止める働きがあります。

 

 

歯の神経を保存することは、根管治療を行った場合の予後を考えると、多くのメリットがあります。

当院には患者様の口腔内のお悩みを伺う担当のスタッフがおります。どうしよう、、と悩んでいることがありましたら、お気軽にお声掛けください!

歯根端切除術

2019年10月6日

こんにちは(^-^)

歯科衛生士の加藤です!

もう10月なのになかなか気温が下がりませんね(T_T)服装に困ってしまいます。

暑かったり、寒かったり忙しい気温が続いていますので、皆さん体調にはお気をつけください。

本日は「歯根端切除術」についてお話しします。

まず、皆さんは「根管治療」についてどのくらいご存知ですか??

根管治療とはむし歯や、外傷により歯の神経が細菌感染してしまった場合に神経を取り、管の中を綺麗にすることで中の細菌の数を減らす治療のことです。

しかし一度根管治療を行っても、神経の入っていた管のなかに残った細菌が原因で歯の根の先で炎症を起こしてしまうことがあります。

その場合

1)かむと痛い

2)歯ぐきが腫れる

3)歯ぐきから膿が出る

などの症状が起こる場合があります。

このようなことがおこると、再度神経の入っていた管の掃除をやり直すことで、処置してていきます。

しかし、歯の根はとても複雑な形をしているため再治療を行っても炎症が治まらず、症状がなかなか良くならないことがあります。特に再治療を繰り返した歯は治療が難しくなります。

「歯根端切除術」とは根管治療では治らない、根管治療ができない歯根部の炎症性の病巣に対し、外科的に①根の先の病巣の摘出 ②根の先端の切除 ③逆側からの根管治療を行って抜歯しないで歯を残すための方法です

先ほどお話しした通り、むし歯や外傷で歯の中の根管が感染し、歯根の先に病巣ができて歯茎が腫れたり痛みがある場合、根管治療を行うことで治っていきます。しかし根管治療を続けても治らない場合や、かぶせた冠や根管の詰め物がが除去できない、根管が曲がっているなどで根管治療ができない場合があります。

そのような歯を手術をして抜歯しないで助けることができます。

根管治療、歯根端切除術を正確に行うと歯根の先にできた病巣は90%以上の確率で治ると言われています。

当院では、「歯根端切除術」を行なっています。

根管治療でなかなか病気が治らない、繰り返してしまう根っこの先の病巣に悩まされている方はぜひ一度当院にいらしてください!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

舌小帯について

2019年09月30日

皆様こんにちは!
歯科衛生士の小網です。
本日は舌小帯のお話です!

舌小帯とは、舌の裏側の真ん中で口の底に向かっているヒダを舌小帯といいます。
このヒダが短いと舌の先がハート状に見えます。


この舌小帯が短いと何が起こるかというと
特に舌を口蓋に拳上させることが難しいことから発達障害、上顎の発育障害、歯列不正、口腔内の清掃不良を引き起こします。
受診される多くの方は、
「かつぜつがわるい」
「早口ことばが言えない」
「長い間話をすると舌が疲れる」
「速く話をすると舌がもつれる」                   のような症状を訴えられます。

舌小帯の短縮の程度は舌の先をどの程度あげられるかによって、軽度・中等度・重度に分けられます。簡単な判定方法をご紹介します。「お口を大きく開け、舌の先を上あごにつけてください」と言います。お口の大きさ(たての長さ)の1/2以上あげられたら、「軽度」です。1/2以下しかあがらない場合は、「中等度」です。舌を上にあげようとしても下顎の歯よりもあがらないか、全くあげられない場合は「重度」と判定します。

「軽度」では、舌小帯が細い紐のように見えますが、舌先を上あごにつけたり、口の横につけたりすることは自由にできます。ラ行を思い切り速く言おうとすると舌がもつれる感じがありますが、日常生活での障害はほとんどみられません。

「中等度」では、舌を前に出したときに先がハート型にくびれます。舌小帯もしっかりした白い紐のように見えたり、ヒダに見えたり、膜のように見えます。舌先を上あごにつけようとしてもつけられず、口の開き方を小さくすれば、なんとか上あごにつけられるという状態です。また、口の横に舌の先をつけることができませんし、くちびるをゆっくりなめることも苦手です。発音では、ラ行がダ行に近く聞こえたり、速く言おうとすると舌がもつれることがあります。くちびるについた食べものを舌でなめることができなかったり、ソフトクリームをなめられないと話される方もいらっしゃいます。

「重度」では、舌を前に出そうとしても下くちびるぎりぎりくらいまでしか出せず、舌を上にあげることができないので、舌小帯が舌の裏に隠れて、よく見えない場合もあります。

このように、舌小帯短縮の程度が軽度の場合は、発音や摂食嚥下機能に問題があることは少ないので、あまり治療の対象となりません。中等度や重度の場合は、「哺乳が上手にできない」、「話すときに舌がもつれる」、「硬いものが上手に食べれない」といった、哺乳障害、発音障害、摂食・嚥下障害が認められることが多く、治療によって改善することが多いといえます。

舌小帯短縮症に対する治療には、手術と機能訓練があります。舌小帯短縮の程度が軽度の場合は、舌を上手に動かすトレーニング(機能訓練)を行うだけで症状が軽減される場合もあります。トレーニングだけでは舌の動きを改善するのが難しいと判断された場合には、舌小帯のヒダを切る手術(舌小帯伸展術)を行います。術後は、瘢痕収縮の防止や、動きやすくなった舌を上手に使いこなせるようにするために、機能訓練を行います。

皆様の中で、滑舌が悪いなどで
悩まれてる方はいらっしゃれば
舌小帯が短い場合があるかもしれません。
気になる方は、一度受診してみても良いかもしれませんね!

食いしばりとマウスピース

2019年09月23日

皆様こんにちは!
歯科衛生士の田村です。
今回は、食いしばりとマウスピースについてお話していこうと思います。

突然ですが、朝起きた時に顎や歯が痛い、歯の詰め物がよく割れる、原因が分からない頭痛や肩こりがある…こういった症状でお困りの方はいらっしゃいませんか?
もし思い当たる方は「食いしばり」「歯ぎしり」が原因になっている可能性が考えられます。実は食いしばり、歯ぎしりは歯に様々なトラブルを引き起こす原因のひとつなのです!
今回は食いしばりの原因や、歯への影響などについてお話していきます。

まずは食いしばりの種類について。
食いしばりにはいくつかのタイプがあります。

①上下の歯をギリギリ擦り合わせるタイプ
②上下の歯を強く噛み締めるタイプ
③上下の歯をカチカチと噛んで鳴らすタイプ

一般的には、①が最も多く見られる歯ぎしりです。
食いしばり、歯ぎしりは昼夜合わせると90%近くの方がしている可能性があるとの報告がでています。しかし、日常的に癖になっていることもあり自覚がしにくく家族からの指摘などで初めて気が付く方が多いそうです。
では、食いしばりは何が原因で起こるのでしょうか?
人により原因は様々ですが、多くはストレスが原因と言われています。強いストレスを感じることで顎に力が入ったり、ストレスを発散させようと歯ぎしりをしてしまう場合もあります。
その他にも、歯並びや歯の詰め物が原因で噛み合わせが安定せずに歯ぎしりをしてしまう場合もあります。
こういった歯ぎしり、食いしばりは歯に多くのトラブルを引き起こしてしまいます。

・顎関節症:顎に強い負荷がかかる為、痛みがでたり口が開けにくくなります。

 

・歯の摩耗、歯が割れる:歯がすり減ったり、詰 め物またはそのものが割れることもあります。

・歯茎、骨への影響:強い負荷がかかるこで、
歯茎が下がり、歯との隙間も広がることで歯周病が悪化したり、歯がグラつく恐れがあります。

・頭痛、肩こり:顎から首、肩の筋肉が緊張することで頭痛が起きたり肩こりが続く症状も見られます。

食いしばり、歯ぎしりを放っておくといずれこのような症状が出てしまいます。
では改善するにはどうしたらいいのでしょうか?
食いしばり、歯ぎしりの予防、改善には
①歯を離す意識をする
②マッサージをする
③マウスピースをつける
などが挙げられます!

日中の予防には、上下の歯が離れているか意識したり、こめかみ辺りをマッサージして筋肉をほぐしてあげるのも効果的です。
また、原因であるストレスを溜めないことも食いしばりの改善にはとても重要です!
しかし、夜間寝ている間に歯が離れているか意識することは難しいですよね…
そんな時は就寝時につけるマウスピースの使用をオススメします!


マウスピースを付けることで、
・歯の擦り減り防止
・歯や被せ物の破損防止
・顎関節の負担軽減
などの効果を得ることができます。
しかし、マウスピースはあくまでも歯を衝撃から守るものであり、根本的な原因である歯ぎしりや食いしばりをなくすことはできません。
なので、マウスピースを使いつつ歯を離す意識をしたり、マッサージをするようにしましょう!
マウスピースが適応かどうかは1度お口の中を診させていただいてからの判断になりますので、是非ご相談ください!

もしかしたら食いしばりしてるかも?という方や、食いしばりがあるか確認してほしいという方はお気軽にご相談ください♪

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:30-
午後:15:00~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る