医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

当院のメンテナンスで使用している器具について

2022年06月13日


こんにちは😃

診療放射線技師の森田です!

皆さんはお口の定期的なメンテナンスはおこなっていますか??

定期的に歯科医院を受診して、さまざまな項目のチェックやお口の清掃を受けることをメインテナンスと言います。

口腔内の健康な状態を維持させ、再発を防止することを目的としています!

今回は当院のメンテナンスで使用している器具についてお話しします♪

 

①手用スケーラー

歯石や肉芽組織(病的な軟組織)の除去、歯根面の清掃に用います。使用する部位や目的によりさまざまな種類があります。

 

②超音波スケーラー
超音波の振動を利用して注水下で歯に付着した歯垢・歯石などを粉砕除去するのに用います。
また、冷却・洗浄を目的に注水された水は超音波振動により、霧状(真空気泡)となり洗浄効果が増大します。これをキャビテーション効果と呼び、細菌の集合体であるバイオフィルムを破壊することが可能で、歯周ポケット内の洗浄に有効です。



③プローブ
歯と歯肉の間にある歯周ポケットと呼ばれる溝の深さを測定します。溝の深さが深いほど、歯周病が進行していると考えられます。溝の深さが進行していると適切な治療が必要です。
また、歯ぐきのひきしまり具合や歯石の付着状況、器具の挿入時の出血の状態を検査します。




④アイプロフィー
アイプロフィー(回転式器具)を用いて歯面清掃を行います。器具の先に取り付けるブラシやカップにはさまざまな形状や硬さがあり、状況に合わせて選びます。プラークや着色を除去し、最終仕上げをします。

 

最後まで読んでいただきありがとうございます!

当院での定期的なメンテナンスお待ちしております😊

 

メインテナンスの内容について

2022年06月1日

こんにちは!
歯科衛生士の沖村です!


最近暑くなってきましたが、体調はいかがですか??

今回はメインテナンスの内容についてお話しします。

当院のメインテナンスは60分としっかり時間を頂いて行なっています!

基本的には患者様、お一人お一人に専属の歯科衛生士が毎回担当させていだくので、口腔内の変化にもすぐ気がつき対応する事ができます♪


当院では、患者様の口腔内の状況やご要望に応じてメインテナンスの間隔を決めさせていただいております。

健康な方でも3ヶ月に1度のメインテナンスをおすすめしております!

メインテナンスでは主に、
⭐︎歯周ポケット検査
⭐︎スケーリング
⭐︎PMTC
⭐︎ブラッシング指導

を行なっております。

⭐︎歯周ポケット検査とは

プローブという器具を使って歯周ポケットの深さを調べる検査です。



歯茎の下にある歯を支えている骨が溶けてしまって歯周病になっていないかを調べる事ができます!

歯茎の周りを器具で触っていくので、少し痛みが生じ苦手な方も多いと思いますが、口腔内の健康を保つためにはとても大切な資料となります!

⭐︎スケーリングとは

スケーラーという器具を使用し、歯面に沈着したプラーク、歯石、そのほかの歯面沈着物を機械的に除去すること。

プラーク(歯垢)とよばれる柔らかい汚れは、歯ブラシで落とす事ができますが、歯石はプラークが石灰化し硬く強固に歯面についた汚れなので、歯ブラシで落とす事ができない汚れです。

なので歯科医院で専門的な器具を使い落とす必要があります!

⭐︎PMTCとは

 



PMTC(Professional Mechanical Tooth Cleaning)の略で歯科医院で行われる専門家による徹底した歯面清掃の事です。

専用の機器とフッ化物入り研磨剤を使用して、磨き残したプラークやバイオフィルムを除去し歯の表面をツルツルにする事で、汚れの再沈着を防ぎます。



⭐︎ブラッシング指導とは

 



患者様のお口の状態や歯ブラシ状況を確認し、患者様にあった清掃用具や歯ブラシの方法をお伝えいたします。

口腔内の健康をサポートするのは歯科衛生士の仕事ですが、主体となって健康を維持していくのは患者様ご自身です!

ご自身でしっかりと口腔内を管理できるよう、アドバイスをしていきますので、分からないことや苦手な事などございましたら、是非教えてください♪


加えて当院では、
・唾液検査
・口臭検査
・エアフロー
・水素吸入
・ホワイトニング
・PDT(歯周殺菌治療
・3DS(dental drug delivery system)

などのメニューもございます。

気になる項目があれば、お声がけください!


メインテナンスを通じて皆様に会えるのを楽しみにしております。

一緒に口腔内の健康を維持していきましょう♪

口腔機能低下症について

2022年05月23日

皆さん、こんにちは!歯科助手の永木です!

最近夏に近づいてきましたね!☀️

今回は《口腔機能低下症》についてお話します。

 

口腔機能低下症とは?

加齢や疾患、障害など様々な要因で口腔内の機能が低下してしまう症状です。

 

5つの機能の低下🦷

感覚:食事や発声時口腔内の状態を感じ理解する機能

咀嚼:食べ物を噛む機能

嚥下:食べ物、飲み物、唾液を飲み込む機能

構音:舌や唇を使って言葉を作る機能

唾液:食事や清潔にする為唾液を分泌する機能

放置すると重い口腔機能障害を起こし、全身の健康に関わる問題となってしまいます。

 

口腔機能低下症にならない為には?

①虫歯や歯周病の疑いがあったら放置しない。

②入れ歯、インプラント、ブリッジなど噛める歯であること

③日頃からよく噛むよう心がける

④柔らかいものに偏らず、栄養バランスを考えた食事を意識する

 

こんな症状はありませんか?

・食べ物が口に残るようになった

・固い物が食べずらくなった

・食事の時間が長くなった

・口の中が乾くようになった

・食事の時にむせるようになった

・食べこぼしをするようになった

・滑舌が悪くなった

もし1つでも当てはまるようでしたら、早めに歯科を受診して口腔ケアで改善しましょう。

早期に発見して生涯にわたって食べること、会話することを楽しみ、一緒にお口の健康を守りましょう!!

医科歯科連携について

2022年05月17日

こんにちは、歯科医師の飯田です

今回は医科歯科連携について説明していきます。

前回に引き続きお口の中と全身との関連が多くあります。

まず初めに、みなさまは病気になる前に通うことのある病院があることをご存じですか?

病院なんて病気や体調が悪い時しか行かないですよね?

しかし歯科医院は病気になる前に病気にならないように通うことのできる医院なんです!!

歯科医院で行う歯周病治療はみなさま方がお口のなかの健康を損なわないためのものです。医科では病気になってからしか行かないため、予防や早期発見が難しいそうです。歯科に来ていただいた方に全身の健康を知ることのきっかけになればと思います。そのための医科歯科連携でもあります。

 

医科歯科連携とは、大きい病院で手術の前後のお口の中の管理を歯科医師が行うことや町の診療所の医科と歯科が一人の患者さんの健康を、手を取り合って保とうとすることです。

 

具体的には、歯科は口腔内の疾患の早期発見や誤嚥性肺炎を予防するにあたり、大きな役割を果たします。また近年、口腔内細菌と、糖尿病や虚血性疾患など全身疾患との関連も解明され始めました。がんの治療前の歯科治療やケアは、がんの手術による傷口の感染や抗がん剤・放射線治療で起こる口腔内のトラブルを予防し症状を軽減するとされ、さらなる歯科の可能性も模索されています。

医科歯科の連携による治療は、薬の使用量や入院日数の削減、さらには医療費の抑制にもつながっていきます。

 

また医科歯科連携はいろいろな病気に関連します。

・糖尿病

歯周病かもしれないと歯科に来ていただいた方が歯周病の治療を行っても著しく改善されない時、糖尿病があるかもしれません。歯科から医科に紹介することで本人は気が付かない病気が歯科への受診で早期に見つけることができます。さらに糖尿病の方が歯科を受診することで糖尿病が良くなることも研究で結果が出てます。

・妊娠中の早産

妊娠中は、つわりにより十分に歯磨きが行えず、磨き残しにより、歯肉の炎症が起こりやすく、歯周病になる人が多くなります。

 さらに、妊婦が歯周病になると、早産となるリスクが高まるといわれています。これは、歯周病の炎症によりサイトカイン(炎症によって増える物質)が増加し、プロスタグランジン(子宮の収縮などに関わる物質)などが分泌され、胎盤に影響するためと考えられています。歯科を受診し、口腔内をきれいにすることで早産のリスクを下げることになります。

このように医科と歯科が連携することでたくさんのメリットがあります。今はまだ連携しているところは多いとは言えませんがもっと増えていき皆様の健康が損なわれないようにしていければと思います。

歯周病と認知症について

2022年05月10日

こんにちは、歯科医師の蔡です。

 

今日のトピックは 近年、問題となっている、認知症についてです。

「なぜ歯科で認知症?」と思われる方もいらっしゃると思いますが、認知症の中で、最も多いのがアルツハイマー型認知症で認知症の67%を占めます。

実は歯周病がアルツハイマー病を引き起こす原因になるということが話題になっています。

 

 

歯周病菌は全身疾患と関りがあることは、すでに周知の事実として広く知られるようになってきました。

口の中の歯周病菌が血液に乗って移動し、カラダ全体に悪影響を与えていることが、すでに周知の事実として広く知られるようになってきました。歯周病菌のひとつであるPg菌(ポルフィロモナス・ジンジバリス)は、認知症の原因となる、ベータアミロイドとの関わりが深いことも明らかになっています。

 

Pg菌が血管の中に入り込むと、血流の流れに乗ってカラダ全体に広がります。広がった菌は体の免疫によって細菌は死滅します。しかし細菌が死んだから問題ないわけではありません。
このPg菌を始めとする歯周病菌の死骸は、発熱などの諸々の生体反応を出す内毒素(エンドトキシン)を体内に残すことになるのです。

 

認知症の6〜7割を占めるアルツハイマー型の認知症では、このような毒素が脳に溜まることによって、アミロイドβ(神経細胞から分泌される物質)が蓄積されます。
このアミロイドβがアルツハイマーを進行させることから、歯周病と認知症には密接な関係があることがわかってきています。

今後も最新の研究で歯周病と疾患の研究が進んでいくと思います。

 

 

お口の中をきれいにすることは、歯周病の予防だけでなく、身体全体の健康に密接に関わっているのです。

8029運動

2022年05月2日

皆さんこんにちは!歯科助手の幾田です!
最近は暖かくなりましたね〜😆

今回は8029運動についてお話しします!
2029運動とは?

80歳になっても肉(タンパク質)を摂取して
元気な高齢者を増やしていこうという
千葉県歯科医師会が2018年秋から啓発を始めた運動です。
しかし、歯が悪いと肉などの良質なタンパク質摂取が困難になってきます。

ですからそのためには肉をかむための
健康な歯が必要となってきます。
からだの健康はお口から、ですね!

お口の健康を保っておくと、バランス良くあらゆる栄養を食べられるので、フレイルの予防になるということなんですね。

たとえ、歯を失くしてしまったとしても、今の時代は安全なインプラントもあるし、上質な入れ歯もあります。ありとあらゆる方法で8029運動を達成できるよう、市川ビルさとう歯科では患者さまに合った治療方法をご提案しております。

「いつまでも美味しく肉を食べるために」

一緒にお口の健康を守りましょう!

プラークについて

2022年04月25日

みなさんこんちには!

歯科助手の髙橋です☺︎

ここ何日か汗ばむ陽気が続いて暑かったですね☀︎

今日はプラーク(歯垢)についてお話をします🦷

プラークとは食べ物などの残りカスが歯の表面に付き、細菌が繁殖したもので、白くネバネバしています。食後、お口の中はむし歯菌や乳酸菌などのはたらきで酸性になり、歯のカルシウムを溶かして虫歯を作ります。プラークは水に溶けにくく、歯にしっかりと付着しているため、うがいなどでは簡単に落ちず、歯ブラシや歯間ブラシでなければ、きれいに落とすことが出来ません。

プラークが唾液の中のカルシウムやリンと結びついて、歯と歯の間や歯と歯ぐきの間で、石灰化した硬いかたまりのことを歯石といいます。歯石も、歯周病の病気の原因となります。

歯石の表面はザラザラしているため、その上にさらにプラークが付着しやすくなります😱

以上のことから、歯石になる前のプラークの段階で正しい歯磨きや歯間ブラシなどのセルフケアでしっかり取り除いてあげることが重要になってきます🪥

写真の黄色で示されている部分が歯垢がつきやすいところと言われています。

これらの場所を意識して毎日歯磨きや歯間ブラシを行ってみると良いと思います◎!

歯石になってしまうと、自分では取り除くことが出来ないため、歯科医院で取り除くしか手段がありません。ですが、プラークは歯ブラシや歯間ブラシで落とすことが可能です!

日々のセルフケアでプラークの発生を防ぐことも大切ですが、歯科医院での定期的なメインテナンスを行うこともオススメします🦷

何か質問などがございましたら、いつでもスタッフにお尋ねください💁🏻‍♀️

orcoa(オルコア)について

2022年04月18日

こんにちは。保育士の石野です(*^-^*)

4月前半は気温の変化が大きく、体調管理が大変でしたね。

 

今日は、「orcoa(オルコア)」についてお話したいと思います。

「オルコアってなに?」と、あまりなじみのない方もいらっしゃいますよね。

オルコアとは口腔内細菌検査装置で、口腔内から検体を採取し、歯周病菌の親分であるP.g.(ポルフィロモナス・ジンジバリス)を測定できるPCR装置です。

コロナウイルスの検査でもよく耳にするPCR(遺伝子検査)ですが、全ての生物は特定の遺伝子(DNA)を持っているので、ターゲットとする遺伝子を増幅させて検体の中に菌がいるかを判定することができます。つまり、オルコアでPCR検査をすることで口腔内に歯周病菌(P.g.菌)がどのくらいいるのかを測定することができ、それによって歯周病の状態を数値化することが可能になります。

 

これまでの細菌検査は時間も費用もかかるものでしたが、オルコアはP.g.菌に絞ることでたったの45分でコストを抑えて検査をすることができるのです!!

 

では、簡単に歯周病についてもお話したいと思います。

私たちの歯は、その周辺を歯肉・セメント質・歯根膜・歯槽骨の4つの組織で囲まれており、これらの組織はまとめて「歯周組織」と呼ばれています。歯周病はお口の中の細菌(歯周病菌)が歯周組織に感染して起こる炎症の総称で、炎症の進み具合によって「歯肉炎」と「歯周炎」の2つに分類されます。歯周病は、はじめに歯肉内に炎症が起こる歯肉炎を発症し、さらにそこから歯周炎へと病状が進行していきます。

歯肉の表面にプラーク(細菌の集合体)が停滞すると、プラーク内に生息する歯周病菌が歯肉を刺激して炎症が生じます。これが歯肉炎と呼ばれる歯周病の初期段階です。歯肉炎は、その炎症が歯肉のみに生じており、その内側の組織への細菌の感染はみられません。したがって、この段階で適切な処置をおこなえば、歯肉を元の健康な状態へと回復することができます。

歯肉炎の状態が長く続くと、その炎症が歯肉の内側の組織まで広がる歯周炎を発症します。歯周炎は一度かかると元の健康な歯肉へと戻すのは難しく、その治療は病状の進行を食い止めることと、再発を抑えることを目的に行っていきます。

 

オルコアでの検査方法は、検体採取具(歯間ブラシのようなもの)を歯と歯の間に挿入しプラークを採取します。あとは専用の希釈液を使用し測定を開始します。これでプラーク中のP.g.菌数を知ることができるのです。

 

歯を失う一番の原因は「歯周病」と言われています。

歯周病は早期発見と早期治療が肝心です。

ご興味ありましたら、お気軽にお問い合わせください(^-^)

むし歯になりにくい食べ物

2022年04月3日

こんにちは、市川ビルさとう歯科医院の及川です。

新年度が始まり、新しい生活リズムになる方もたくさんおられると思います。
そのような時に虫歯や口の中のトラブルは避けたいですよね。
ということで、今回はむし歯になりやすい食べ物についてお話しさせていただきたいと思います。


むし歯になりやすい食べ物とは、
☆砂糖を含んでいる
☆歯にくっつきやすい
☆口に残りやすい
☆酸性が高い
ものが挙げられます。

具体的には、ガムやキャラメル、アメ、ジュース、チョコレートなどです。
これらを食べた後は、口の中がねばついていたり、甘さがしばらく残ったり感じることがあるかと思います。

反対にむし歯になりにくい食べ物はでしょう?

むし歯になりにくい食べ物は、
☆自然の甘みがある
☆噛み応えがある
☆食べかすが残りにくい
という特徴があります。

具体的には、りんごやサツマイモ、にぼし、チーズ、煎餅など、よく噛むことで素材の旨味や甘みを感じられたり、料理のアクセントになる食材が多くあります。


ただ、むし歯になりにくい食材だけを食べていけば、むし歯になるリスクは大幅に減少しますが、体の栄養バランスを考えたり、楽しんで食事をしていきたいですよね!

なので、むし歯のリスクを下げられるような方法をとって行きましょう。

例えば、ガムをよく噛む方は、キシリトール入りのガムだったり、おやつにはキシリトールを甘味料に使ったお菓子を食してみるなどもよいのではないでしょうか?
近年では砂糖を使わずにキシリトール甘味料で作ったお菓子の種類も沢山出来てきています。

当院のYouTubeチャンネルでむし歯になりにくいお菓子を紹介しれいるので、少しご紹介させていただきます。

・デンタルラムネ
【船橋 歯医者】厳選!歯医者で売っている物品紹介!デンタルラムネ【千葉県船橋市の歯医者 船橋こども歯科】
https://youtu.be/Slk3UfgkqL0



・PPOs-CaF(ガム)
【船橋 歯医者】厳選!歯医者に売っている物品紹介POs- Ca F(ガム)【千葉県船橋市の歯医者 船橋こども歯科】
https://youtu.be/I9iAAavpir8




・リカルチョコレート
【船橋 歯医者】厳選!歯医者さんで売っている物品紹介!リカルチョコレート 千葉県船橋市の歯医者 船橋こども歯科
https://youtu.be/2g8HWVOPkkM



・カムカムフレッシュキシリトールグミ
【船橋 歯医者】厳選!歯医者に売っている物品紹介!カムカムフレッシュキシリトールグミ・コーラグミ 千葉県船橋市の歯医者 船橋こども歯科
https://youtu.be/Ja9yxyu42p0



ご興味がございましたら、是非試してみてくださいね。



この他にも、むし歯になりにくい食べ方や、生活習慣などもございますので、またあらためて、お話しさせていただきます。

歯科衛生士について

2022年03月28日

皆さん、こんにちは😊

歯科衛生士の吉田です!

もうすぐ桜の見ごろですね🌸

本日は【歯科衛生士について】お話しします。

歯科衛生士は国家資格を持った
口腔ケアのスペシャリスト!

高度な技術と専門知識を持ちながら、
繊細な感性をいかせるプロフェッショナルな専門職です。

街の歯科クリニックで働くだけでなく、
総合病院、保健センター、介護事業所など、
活躍の場が近年さらに広がっている注目の職業です。

歯・口腔の健康は、「自分の歯でおいしく食べる」、「楽しく会話する」など、健康で生き生きとした生活を送るための基本となります。また、近年では、さまざまな調査研究から「歯・口腔の健康と全身の健康の関係」が明らかになり、歯科衛生士の役割に関心が高まっています。歯科衛生士は、歯科疾患の予防及び口腔衛生の向上を図る(歯科衛生士法第1条)ことを目的として、人々の歯・口腔の健康づくりをサポートする国家資格の専門職です。仕事の内容は、次の三つの業務が法律に定められており、それぞれに専門性の高い知識・技術を必要とします!

 歯科予防処置

人が歯を失う原因の90%が「むし歯」と「歯周病」です。この二つを歯科の二大疾患といい、国民の多くが罹患しています。つまり、むし歯と歯周病を予防することができれば、自分の歯を一生保つことができるのです。歯・口腔の疾患を予防する処置として、「フッ化物塗布」等の薬物塗布、歯垢(プラーク)や歯石など、口腔内の汚れを専門的に除去する「機械的歯面清掃」など、予防的な医療技術があります。歯科衛生士は、このような歯科予防処置の専門家です。

 歯科診療の補助

歯科診療は、歯科医師を中心とした「チーム医療」として行われています。その中で、歯科衛生士は歯科医師の診療を補助するとともに、歯科医師の指示を受けて歯科治療の一部を担当するなど、歯科医師との協働で患者さんの診療にあたります。

歯科診療補助の範囲は多岐にわたり、歯科診療を円滑に行うために大切な役割を果たしています。また、歯科医師と患者さんとのコミュニケ-ションに配慮し、信頼関係にもとづく心優しい歯科医療を行うためにも、歯科衛生士の役割が期待されています。

 歯科保健指導

むし歯や歯周病は生活習慣病です。そのため、治療よりも予防、さらに、本人自らが生活習慣を改善することが大切であり、正しい生活習慣やセルフケアを実行するための専門的な支援(指導)が不可欠です。そのため、歯科保健指導は、幼児期から高年期までの各ライフステージにおいて、また、健康な人、病気や障害のある人など、すべての人に必要な支援です。その中で、歯磨き指導を中心とした歯口清掃法の指導は、セルフケアのスキルアップを専門的に支援する大切な仕事です。また、寝たきり者や要介護者等に対する訪問口腔ケアも重視されています。さらに、最近では、食べ物の食べ方や噛み方を通した食育支援、高齢者や要介護者の咀嚼や飲み込み力を強くする摂食・嚥下機能訓練も新たな歯科保健指導の分野として注目されています。

歯科衛生士の仕事は多岐にわたり、とてもやりがいがあります😆

皆さんの健康をサポートできるよう歯科衛生士一同、ご来院をお待ちしています♪

個別相談へのご案内

診療時間
午前: 9:00~13:00-
午後:14:30~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る