医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

あいうべ体操

2020年10月11日

皆さんこんにちは!
歯科医師の上柳です。
すっかり寒くなり、秋から一気に冬が近づいてきましたね。
新型コロナウイルスの影響でマスクが手放せない昨今ですが、そろそろインフルエンザの流行も心配です。
急な気候の変化で、体調を崩しやすくなっている方も多いのではないでしょうか。

今日はそんな時期にとってもおすすめの”あいうべ体操”をご紹介します!

*あいうべ体操とは

お口回りの筋肉や舌の筋肉を鍛えることによって、舌を正しい位置に導き、口呼吸を鼻呼吸に改善していく体操です!

皆さん、普段舌はどこの場所にありますか?
①上あごについている
②上の前歯の裏側についている
③下の前歯の裏側についている

実は、舌の理想的な位置は ①上あごについている です!
②、③の位置に舌がある方は舌の位置が下がっており、口呼吸になっている可能性が高いと言われています。

口呼吸をするとお口の中が乾燥します。このため唾液による消毒・殺菌作用が発揮されず、虫歯や歯周病が起こりやすくなります。

また、鼻呼吸の場合、外の空気を取り込む際に一緒に入ってきた細菌やウイルスなどを排除する機構が備わっているため、風邪をひきにくかったり、ウイルスに感染しにくいという特徴があります。鼻で呼吸すると冷たく乾いた空気を吸い込んでも鼻腔を通ることで加温・加湿された状態で気道に空気を届けるなどの機能も働きます。 一方、口には鼻のような外気に対する機能が備わっていないため、直接細菌やウイルス、塵などを取り込んでしまうことになるのです。このため、免疫力が低下して風邪をひきやすくなったりアレルギー症状の原因にもなります。

 

あいうべ体操は、福岡市「みらいクリニック」の今井院長が考案された口呼吸を改善するための体操です!

やり方はとっても簡単です。

次の4つの動作を順にくり返します。声は出しても出さなくてもかまいません。
(1)「あー」と口を大きく開く
(2)「いー」と口を大きく横に広げる
(3)「うー」と口を強く前に突き出す
(4)「ベー」と舌を突き出して下に伸ばす
(1)~(4)を1セットとし、1日30セットを目安に毎日続けます。

 

とても簡単なのですが、やってみると意外とお口回りの筋肉が疲れると思います。

普段あまり動かしていないお顔の運動ですので、ぜひやってみてください!

当院の関連クリニックである船橋こども歯科では、来院されたお子さんと一緒に音楽に合わせてあいうべ体操を行っています。

YouTubeであいうべ体操のやり方を紹介していますので、ぜひお子さんと一緒にやってみてください(^^)/

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る