医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

失った歯をそのままにするとどうなるの?

2020年12月7日

皆様こんにちは!
歯科衛生士の小網です。
12月に入り寒い日が続いていますが、体調は崩されていませんか?

さて、今回を失った歯をそのままにしておくとどうなってしまうかお話していきたいと思います。

歯が抜けてしまったまま、特に問題がないからといって、そのままにしている方も多いのではないでしょうか?1本歯がないくらいでは、食べるときにそれほど不自由はしないですよね。しかし、歯は1本ないだけで、バランスを崩し、見た目やかみ合わせはもちろん、身体にも影響が出てしまう可能性があります。

これを知って、治療をしなくてはと思いつつも、具体的に、どのような影響があるのかわからないと、歯科医院まで行くことは難しいと思います。今回は、歯が抜けたままにしておくと起こる影響についてご紹介いたします。ぜひ、参考になさってください。

1.かみ合わせが悪くなる

抜けた歯の両隣の歯が移動したり、傾いたりするので、かみ合わせが悪くなります。

2.顎関節症を起こす

かみ合わせが悪くなることにより、噛むたびに顎がずれるので、顎関節症を引き起こす可能性があります。

3.歯が伸び出る

抜けた歯とかみ合わさっていた歯が、今まであった歯にかみ合わせようとして、伸び出てしまう可能性があります。

4.見た目が悪くなる

歯並びのバランスが悪くなるため、笑ったときの見た目が損なわれてしまいます。

5.老け顔に見える

噛む力が衰えるため、顔の筋力が低下します。しわやたるみが増えるだけでなく、ほほが下がるため、老け顔になってしまう可能性があります。

6.他の歯がもろくなる

残りの歯に余分な力がかかることによって、健康な歯に負担がかかり、他の歯の寿命に影響します。

7.治療費がかさむ

「歯が1本抜けただけなら、大丈夫」と思われるかもしれませんが、抜けた歯を放置しておくことで、お口の中の環境が変わり、歯並びも変化していきます。よって、さまざまなトラブルが生じて、他の歯の治療も必要となるため、結果的には費用がかさむ恐れがあります。

8.消化器官に負担がかかる

食べ物をよく噛み砕かずに飲み込むため、消化器官に負担がかかります。

9.痴呆症を引き起こす

噛む力が衰えることにより、脳への刺激が低下し、痴呆の原因となります。

10.発音障害を引き起こす

歯のすき間から空気が抜けることで、会話(発音)がしづらくなり、発音障害になる可能性があります。

1本や2本、歯がないからといって、すぐに影響が起こるわけではありません。しかし、歯がないまま放置しておくことによって、かみ合わせが崩れ、将来的に多くの歯を失ってしまう可能性があります。また、歯だけでなく身体にも影響を及ぼすことで、将来どのような状態で過ごしたいかをしっかりと考えるきっかけになればと思います。

現在では、歯が抜けてしまったとしても、入れ歯やインプラントなど、歯が抜けてしまった場合の治療方法はございます。もし歯が抜けてしまって放置している方は、早急に歯科医院に行かれることをおすすめいたします。

当院では沢山の種類の治療を提案させていただいております。
希望する方はトリートメントコーディネーターからのコンサルを受けてもらうことも可能です!

悩まれている方、ぜひ一度当院にお越しください!

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る