医院ブログ

047-431-4721

キービジュアル

妊娠中のメインテナンスについて

2020年08月14日

皆様こんにちは!
歯科衛生士の田村です。
暑い日が続いてますが、体調などは崩されていませんか?水分補給をしっかりとして夏を乗り越えましょう!

さて今回は、妊娠中のメインテナンスについてお話したいと思います。
「妊娠すると歯周病になりやすい」
「出産すると歯が悪くなる」
という話をたまに聞いたことはありませんか?
確かに妊娠によって歯周病やむし歯になるリスクは高くなりますが、適切なお口のケアによって予防することも可能です!
妊娠期にしっかり歯の健康を保ち、安心して出産を迎えにほしいと思います!

・なぜ妊娠すると歯周病になりやすいのか?
妊娠により女性ホルモンが急激に増加することで、歯周病原性細菌が増殖します。
また唾液の粘性(ネバネバ)が高まって口の中の自浄性が低下することで、歯茎の炎症や出血が起こりやすくなります。
また、「つわり」による食生活の変化や歯磨きの困難、胎児の発育による食事回数の増加とそれに応じた口腔ケアが不足しがちなことにより、口腔環境は悪化してむし歯や歯周病のリスクが高くなります。

・妊娠時にみられやすい歯やお口の問題
「歯肉に腫れや出血がある」
「冷たいものや熱いものがしみる」
「歯や歯肉に痛みがある」
「唾液が粘っこい感じがする」
「気分が悪く、歯磨きができない」
「食事回数が増えて、歯垢がたまりやすくなる」

妊娠中に歯周病になってしまうと、影響を及ぼすのは母体だけではありません。
早産や低体重児出産のように、胎児や出産に悪影響を与える可能性があります。

・妊娠中におすすめの歯周病予防
歯周病を予防するには歯磨きによるセルフケアが重要ですが、妊娠中は思うように歯磨きができないことから、お困りの妊婦さんは多いのではないでしょうか。そのような妊娠中の方には、無理せず歯周病を防ぐことができる次のような対策がおすすめです!

◎体調が良い時にしっかり磨く!
つわりがひどく歯磨きができない場合は、体調が良い時間帯に重点的に歯を磨いておきましょう。歯ブラシを口に入れると気分が悪くなる方には、子供用の比較的小さな歯ブラシがおすすめです!歯磨き粉の匂いがきつい方は、何もつけずに磨くノンペースト歯磨きがおすすめです!

◎水分をしっかりとる!
お口の中が乾燥していると歯周病の原因となる細菌が繁殖しやすくなるため、こまめに水分をとってお口の中を潤しましょう。

◎ガムを噛む!
ガムを噛むことで、唾液腺が刺激されて唾液の分泌が促されます。その際はキシリトール配合のものを選ぶと安心です。

◎歯医者で歯石除去をしてもらう!
普段の歯磨きではお口の汚れを十分に落としきれないため、定期的に歯医者で歯垢や歯石を除去してもらうことで確実に歯周病を予防することができます。

妊娠中だけでなく、出産後もしっかり歯周病ケアをすることが大切です!
妊娠中で歯磨きが難しい方、出産後の歯周病が気になる方は是非、当院にお越しください!

個別相談へのご案内

診療時間
午前:9:00~13:00-
午後:14:30~18:00-
  • ※ 土曜日 9:00~17:00
  • ※ 日曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る