「噛める」「目立たない」入れ歯・義歯|市川ビルさとう歯科医院|千葉県船橋市の歯医者。駐車場完備。

047-431-4721

キービジュアル

入れ歯は、2つとして同じものは
存在しません。
毎回毎回、真剣勝負です。
そのため、根気強く丁寧な作業が
求められます。
しかし、それこそが
最高の入れ歯を作る唯一の手法です。

当院では、「残っている歯を守る
入れ歯作りを得意としています。
残っている歯を大切にしたい方、
一度ご相談ください。

院長からの入れ歯作りに対するメッセージ

診療

私は、入れ歯治療について長年追及してきました。

その結果「人の口の中は千差万別。ひとつの治療方法だけに頼るのではなく、一人ひとりのお口の状態に合わせ、様々な治療方法や技術を組み合わせ統合して入れ歯作りをする必要がある」と実感しています。

患者様のお口の中は、顎の減り具合、噛み癖、顎の粘膜の硬さ、上と下の顎の位置関係、顎の関節の動き方など、複雑な状況が絡み合っています。

院長

それらの問題点を総合的に解決できなければ、見た目が良くても噛めない、痛い、落ちやすい、発音しにくい入れ歯になってしまいます。

患者様のお口の中の状態を詳しく調べ、様々な治療法の中から適したものを組み合わせ統合し、その患者様個人に合った入れ歯・総入れ歯をお作りするのが、当院の入れ歯治療です。

私は入れ歯治療で困られている方の喜ぶ笑顔を見たい一心で入れ歯を作っています。
日々の研究を怠らず、まずは、患者様のお口の中の状態をしっかりと精密に把握すること。そして、真剣に患者様と向き合うこと。

これが当院の入れ歯作りに対する姿勢です。

市川ビルさとう歯科医院の入れ歯が、患者様に支持される3つの理由

今までしっかり噛むことができなかった入れ歯に私たちの手が加わる事で、「噛める入れ歯」に生まれ変わる。そして患者様の生活が豊かになる。特に高齢者は「食事」に大きな楽しみを持っていますので、その楽しみのレベルを上げる「入れ歯」製作は非常にやりがいを感じます。

また、若くして歯を失ってしまう方もいらっしゃいます。
若い方にとっての入れ歯は「みっともない」「目立つ」という印象をお持ちになっているのですが、最近では「目立たない」入れ歯も開発されていますので、そのような入れ歯をご提供しストレスなく日々を生きて頂く。これも私たちの喜びです。

本節からは、当院の入れ歯が患者様から評価される理由を、患者様から頂いた声を参考にご紹介いたします。

選ばれる理由1. 「多種類」の入れ歯をご用意

「見た目が気になる」「痛いのが我慢できない」「はずれてしまう」・・・・・など、患者様によって入れ歯の悩みは様々です。
その悩みを患者様が満足されるレベルで解消させるためには、昔から存在している入れ歯だけでは不十分です。このようなことから、当院では一般的な保険の入れ歯(義歯)以外にも、効果が実証されている様々な最新の入れ歯をご用意しています。

20代~30代の方も愛用の
「審美」入れ歯

ノンクラスプ

女性からよく聞かれる入れ歯の悩みとして「入れ歯の金属のバネが見えるのが嫌だ」というのがあります。笑ったときに、金属のバネが見えてしまうので、人前で笑えなくなったという方も多いのではないでしょうか。

当院が推奨する、右記の金属のバネがない入れ歯(義歯)、「ノンクラスプデンチャー」は、金属バネ部分を、歯茎に近い色の樹脂で作ることで目立たなくしています。

柔らかい樹脂で出来ており、お口にぴったりと装着できるため、従来のような金属による痛みが軽減されます。ぴったりと密着した入れ歯を望まれる方にもお勧めです。

  • 治療前
  • 治療後
  • 治療前
  • 治療後

「痛み」を感じない入れ歯―無痛入れ歯

総入れ歯で、噛み締めたときに痛みやゆるみを感じる方にお勧めの入れ歯が「シリコン義歯」です。

「生体用シリコン」という特殊な弾性のあるゴム質の素材を、入れ歯の内側に貼ることで痛みをなくします。
「無痛」入れ歯と呼ぶことができるぐらい痛みはでません。
体にも安全な素材です。

シリコン義歯を活用することで、従来の入れ歯よりも一層密着するようになり、はずれにくく、噛む力が倍になるといわれています。

「自分の歯」のように
しっかり噛める入れ歯

従来までは健康な歯に入れ歯をひっかけるのが主流でした。そのような方法ですと「見た目」が悪いばかりか、入れ歯をひっかけた歯が最終的にはダメになることが多くありました。

しかし、入れ歯は進化しています。

見た目も機能性も追求したい方には、インプラント技術を入れ歯に応用した「インプラントオーバーデンチャー」と、「BPSデンチャー」をご提案しています。

インプラントオーバーデンチャー

インプラントオーバーデンチャーとは、2~4本のインプラントを埋入し、現在使用している入れ歯をしっかり安定させる治療法です。患者様が自由に取り外しできるためメンテナンスが非常に簡易で、大きな外科手術を必要としないため全身的な負担も少ない治療法です。

インプラントオーバーデンチャー

BPSデンチャー
BPSデンチャーとは

BPSデンチャー(精密無痛義歯)とは、ヨーロッパの最新技術を駆使して歯があった頃の思い出とともにもう一度しっかりと咬めるように、そして自然と笑顔になれるよう、歯科医師と義歯専門歯科技工士立ち会いのもと、納得と満足が得られるまでとことん作り込む丁寧な義歯です。

今までの入れ歯との違い

入れ歯とは要するに義歯です。つまり今まで通りに咀嚼出来て、何でも食べられて、笑顔でいられる事が本来の入れ歯だと考えられます。

BPSデンチャーでは……
BPSデンチャー

「たくわん、おせんべいなど良く噛める」
「入れ歯が落ちない」
「入れ歯ががたつかない」
「入れ歯で若々しく見える」
「入れ歯でも歌や、楽しい会話を楽しめる」
「着色しにくい」
「入れ歯で歯茎が痩せにくい」

  1. 入れ歯専門の技工士と直接その場で相談しながら型取り、歯の色や形を選択して頂きます。
  2. 今までのつらかった思いや要望を思いのまま打ち明けてください。
  3. その思いに答えられるよう心のこもった入れ歯を作ります。
  4. 患者様の顎、筋肉の動き、噛み合わせ、人工歯の形、色を完全にオーダーメイドで作成いたします。

もし入れ歯でお困りなら、あるいはご家族の方、お知り合いの方で困っている方がお見えになるのなら、是非一度当院にご相談ください。

「歴史」と「安定性」がある入れ歯

チタン素材・コバルトクロム素材を使った2種類の入れ歯(金属床)があります。
これらはいずれも、従来の入れ歯と比べて「薄い」「軽い」「壊れにくい」「飲食物の温かみ・冷たさを感じられる」素材です。保険の入れ歯との比較を下記に示します。

金属床(総)金属床(部分)

1.軽い材料でつくる

保険の材料で作る入れ歯は重いため、噛むという動作に負担を与えます。
一方、金属床義歯で使用する材料には、保険の材料の約1/4の重さのものを使用します。

2.薄い材料でつくる

口の中は、髪の毛が1本入るだけで不快感があるほど敏感です。このため、金属床義歯で使用する材料の場合、保険のものに比べ約1/6の厚さの薄い材料を使用します。

  • 【保険の入れ歯】

  • 【保険外の入れ歯】

3. 食べ物の温もりを感じられる材料でつくる

温度が伝わる

食べ物の温度を瞬時に伝えることが出来ます。

食べ物の温もり

保険の入れ歯を入れると、温かい・冷たいといった食べ物の温もりが感じられません。
食べ物の温もりは味覚に大きな影響を与えます。
このため、金属床義歯では温もりを感じられる材料(専門的に表現すると、熱伝導率の高いもの)を使用します。

4. 他の健康な歯に過度な負担を掛けない

残存歯に優しい

部分入れ歯でも残っている天然歯にあまり負担をかけません。

残存歯に優しい

保険の入れ歯は「たわみ」がありますので、咀嚼することで入れ歯がたわみ、入れ歯をひっかけている歯に過度な力が加わり、その歯を痛めます。しかし、金属床義歯は「たわみ」がほとんどありませんので、バネをひっかけている歯にも優しいです。

5. 自分の顎の高さにあったミクロン単位での調整を行う

合う入れ歯を作るために一番重要なのは、手間をかけた調整です。
金属床義歯の場合には、ミクロン単位に及ぶ緻密な調整を行うことで、自分にぴったりと合った入れ歯をつくることが可能です。

選ばれる理由2. 一つ一つの工程を省略することなく、基本に忠実

入れ歯をされている方から「痛い」「噛めない」「外れる」という相談をよく受けます。
このお悩みは「1つ1つの工程を省略することなく基本に忠実に入れ歯を作る」ことで解消されます。当院で行っている制作工程のこだわりをご紹介いたします。

精密な型採り

「型採り」とはその名の通り、お口の型を採ることです。それをもとに入れ歯を作っていきますので、ここで精密な型採りが出来なければ、絶対に患者様のお口に合う入れ歯はできません。そこで当院では、精密な型採りを行うため、次のような工程を踏んでおります。

個人トレー

個人トレー

患者様のお口の形は様々ですので、規格の定められたトレーでは精密な印象はとれません。そのため患者様オリジナルのトレーを作成し精密な型を採っていきます。

シリコン印象材の利用

シリコン印象材の利用

シリコン印象材とは、お口の型を採取する工程で利用する材料です。作成した「個人トレー」に「印象材」をのせ、型を採っていきます。 印象材には「シリコン」以外にも「アルジネート」 と呼ばれる素材があるのですが、精密な印象を採るためには「シリコン」が必要不可欠ですので、当院ではこれを利用しております。

筋圧形成

筋圧形成

お口の中の動きに合わせた入れ歯にするため、口腔内周辺の筋肉の動きを精密に記録し、型(個人トレー)に反映させます。お口の動きを想定し、より患者様に合った入れ歯になります。

先ほどもお伝えしましたが、型採りがうまくいかなければ、決して良い入れ歯はできません。そのため当院では型採りにはこだわりをもって行っています。上記以外の「型採り」としてご紹介したい手法があります。

入れ歯を希望される患者様のお口を拝見すると、入れ歯だけでなく、「被せ物」も同時に治療した方が良い場合があります。その際、一般的には被せ物を作り終わった後に、入れ歯作成を行います。そうしますと、お口の中に異なる装置が2つ入っていることになりますので、どうしても精密な型採りが出来ず「被せ物と入れ歯」の間にズレが生じてしまい、「噛みにくい」などの不都合が生じてしまいます。

しかし、当院では、被せ物と入れ歯を別々に作るのではなく、「一緒に作成」することでこのようなズレが出てしまう事を事前に防止しています。

被せ物

一緒にすることで1つの装置となるため、「噛めない・外れる・痛い」などの問題は生じにくく、かつ、何よりも他の歯に非常に優しい入れ歯が出来上がります。

噛み合わせの調整

全ての治療に言えることですが、「噛み合わせ」は治療を進めていく上でしっかりと調整していかなければなりません。噛み合わせが悪いということは、適切な位置で物を噛めないということですので、当然、咀嚼のたびに入れ歯や、入れ歯を支えている歯に過度な負担がかかり、入れ歯だけでなく、健康な歯までもダメにしてしまいます。またこれが原因で「痛み」「外れる」「噛めない」などの原因となります。当院では、正しい「噛み合わせ」を獲得するため、次のような工程を踏んでおります。

フェイスボウトランスファー

フェイスボウトランスファー

理想の「噛み合わせ」を探る工程です。 この工程で探り出した噛み合わせを咬合器上に反映させ、入れ歯を作成していきます。

ゴシックアーチ

ゴシックアーチ

ゴシックアーチの目的は「噛み合わせの水平的な位置」を決めることです。下顎は前後、左右、上下に動きます。この前後、左右、上下のちょうどよい位置を決めて入れ歯を作ることで痛くなくはずれない違和感の少ない入れ歯を作ることが可能となります。

選ばれる理由3. 入れ歯作りのプロフェッショナル-歯科技工士

入れ歯は、歯科医師と歯科技工士が連携して作製しています。詰め物や被せ物に比べ、お口の中に占める割合が大きい入れ歯は、歯科医療の中でも特に技術的難易度の高い治療です。歯科医師の技量だけではなく、歯科技工士においても、非常に高い知識、技術、そして経験が求められます。両者の技術が融合して、初めて「良い入れ歯」が完成します。

当院では「デンタルラボアベ」という歯科技工所と連携し入れ歯を作っています。
入れ歯業界で定評があり、非常に緻密で計算された入れ歯作りを得意とされています。今回、担当の方にお話を伺ってきました。
詳細は対談をご参照ください。

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

個別相談

インターネット予約

〒273-0005 千葉県船橋市本町1-17-3 市川ビル1F

診療時間
午前:9:30~13:30--
午後:15:00~18:30--
  • ※ 土曜の診療は、午前9:00~13:00 午後14:00~17:00
  • ※ 日曜・木曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る