市川歯科医院 ブログ |市川歯科医院|千葉県船橋市の歯医者。船橋駅から2分。駐車場完備。

047-431-4721

キービジュアル

歯周病とは・・・?

2017年10月21日

こんにちは。

歯科医師の吉です(^ ^)

今週は雨天と寒さが続き,秋というより冬という感じで,風邪を引かないように気をつけたいです.

さて,今回は歯周病についてお話しをしたいと思います.

現在,歯周病という単語は認知されつつありますが,昔は歯槽膿漏(しそうのうろう)という呼び方がされていました.

・歯周病はどんな病気なのでしょうか?

歯周病は,細菌の感染によって引き起こされる炎症性疾患です.

歯と歯肉の境目(歯肉溝)の清掃が行き届かないでいると,そこに多くの細菌が停滞し(歯垢の蓄積)歯肉の辺縁が「炎症」を帯びて赤くなったり、腫れたりします(痛みはほとんどの場合ありません).

そして,進行すると歯周ポケットと呼ばれる歯と歯肉の境目が深くなり,歯を支える土台(歯槽骨)が溶けて歯が動くようになり、最後は抜歯をしなければいけなくなってしまいます.

・歯周病の原因は何か?

お口の中にはおよそ300~500種類の細菌が住んでいます.

これらは普段あまり悪いことをしませんが,歯磨きが充分でなかったり,砂糖を過剰に摂取したりと細菌がネバネバした物質を作り出し、歯の表面にくっつきます.

これを歯垢(プラーク)と言い,粘着性が強くうがいをした程度では落ちません.

この歯垢(プラーク)1mgの中には10億個の細菌が住みついていると言われ,むし歯や歯周病をひき起こします.その多数の細菌の中でも,歯周病をひき起こす特定の細菌がいることが判明しています.

歯垢(プラーク)は取り除かなければ硬くなり,歯石と言われる物質に変化し歯の表面に固く付着します. これはブラッシングだけでは取り除くことができません.この歯石の中や周りに更に細菌が入り込み,歯周病を進行させる毒素を出し続けます.

 

 

・歯周病が進行する原因

歯周病を引き起こす主な原因は細菌ですが,歯周病が進んでしまう要因はたくさんあります.

  1. 歯ぎしり,くいしばり,かみしめ
  2. 不適合な補綴物や義歯
  3. 不規則な食習慣
  4. 喫煙
  5. ストレス
  6. 全身疾患(糖尿病、骨粗鬆症、ホルモン異常)
  7. 薬の長期服用

上記意外にも,歯周病と関係する要因はありますが,細菌の除去と共に,歯周病の進行因子を改善することも,歯周病治療にとっては大事です.

 

・歯周病は治るの?

現在では歯周病は,予防もできるし治療も可能です. 大切なのは予防,診断,治療,そしてメンテナンスです.

現在,歯周病治療は急速に進歩をしています. 以前は「不治の病」と言われていた歯周病も,現在では進行を阻止することが可能となり,健康をとりもどすことができるのです.

まず、歯周病の主な原因は歯垢(プラーク)ですから,それをためずに,増やさないことが重要です.3か月に一度の定期的なメインテナンスは有効だと言えます.

 

個別相談へのご案内

歯科治療には様々な素材・治療法がありますので、患者様がどの治療法がご自身に合っているかを判断するのは難しいものがあります。当院では十分な時間を取り、実際の症例・素材・模型などを用いながら、患者様が納得されるまでご相談させて頂きます。

個別相談

インターネット予約

〒273-0005 千葉県船橋市本町1-17-3 市川ビル1F2F

診療時間
午前:9:30~13:30--
午後:15:00~18:30--
  • ※ 土曜の診療は、午前9:00~13:00 午後14:00~17:00
  • ※ 日曜・木曜・祝日は休診

047-431-4721

このページの先頭に戻る